人の目が気になってナンパができない人へ【地蔵対策】

こんにちは。恋愛コンサルタントのNAOTOです。

人の目を気にしてナンパができない人は多いと思います。

多くの人がナンパを始めて最初にぶち当たる壁が、声掛けができずに地蔵になってしまう問題です。

地蔵になる要因のひとつとして周りの目が気になってできないという問題です。

周りの目を気にしてしまう原因

それは周りの目を気にする人に囲まれて生きているからです。

そういう環境で生活してしまうといつの間にか周りの目が気になって行動するようになってしまいます。

周りの目を気にしないようにするには

  • 【対策1】ナンパが上手な人と行動する
  • 【対策2】習慣化するまで続ける
  • 【対策3】小さな目標設定をすること
  • 【対策4】長期的に大きな目標を持つ
  • 【対策5】長時間滞在して場慣れする
  • 【対策6】店員さんと顔なじみになる
  • 【対策7】何度も通って場慣れする

【対策1】ナンパが上手な人と行動する

環境を変えることです。

環境とは関わる人を変えることです。

ナンパを習得したいなら日常的にナンパしている人たちと時間を供にすることです。

できるだけ多くの時間を供にすることでナンパが当たり前という考え方に染まることができます。

女の子を見たら声をかけるのが当たり前で、少しでもいいなと思ったら頭より先に足が動いて声をかけていたなんて状態になれたら理想です。

これは習慣化すれば誰でもできるものだと思っています。

ナンパ友達はどうやって作ればいい?

またTwitterではナンパの合流仲間を探している人がたくさんいますので、そういう人たちと絡むのも手です。

【対策2】習慣化するまで続ける

一回だけナンパのプロに教わってその場ではできても、日にちが経つと忘れてしまうものです。

忘れないうちに翌日もその翌日も続けることです。

土日にまとめてやろうとしても続きません。

だるくなってしまうかもしれませんし、予定が入ってしまうかもしれません。

気が変わってしまうかもしれません。

そうなる前にプロに教わって気持ちが高ぶっているうちから続けることです。

鉄は熱いうちに打て

ですね。

【対策3】小さな目標設定をすること

継続のコツはできなかったら罰を設定することです。

目標を決めて達成できないと罪悪感を感じるものです。

でもあまりに高すぎる目標だとできなくて当たり前という気持ちなってしまいます。

そうなると負け癖がついてしまいます。

どうせできない

どうせだめだ

そうなると非モテ一直線です。

そうならないために目標は少し頑張れば達成できる高さの目標にしましょう。

【対策4】長期的に大きな目標を持つ

ナンパを身に着けて最終的にどうなりたいのかが大事です。

短期的に性欲のためにナンパを始めても99%の人が一ヶ月で辞めてしまいます。

なぜなら性欲解消なら他にもっと楽な手段があるからです。風俗もありますし自分ですることだってできます。

楽な方に流れるのは自然な流れです。

性欲のためではなくもっと大きな目標を持つと、続けられる可能性が高くなります。

例えば将来は仕事にしたり、ナンパの講師になってやってるんだとか、ナンパで理想の女性を見つけるんだとか、壮大な目標を持つことです。

僕はナンパを始めて一ヶ月で講師を宣言して生徒さんを集めてしまったので辞めるに辞められない環境を自分で作りました。

なかなか真似は難しいとは思いますが、環境を自分で作ったり環境に飛び込んだりすると劇的に変わってきます。

【対策5】長時間滞在して場慣れする

長時間その場所に滞在まるで自分がその場所の古参の主みたいな気分になることは誰でもあるはずです。

その気持を言うならば

先にいた人が偉い

ということですよね。

会社でも、電車の中でも、刑務所でも、サークルでも、先に入った方が先輩という風潮は常識になっています。

そんな常識があるからこそ、先にナンパスポットにいる自分の方が偉いとか、もうこの場所に5時間もいるから偉いとか、そういう気持ちの変化が出てくるはずです。

僕がよく行くパブリックスタンドでも300円バーでも7時くらいから先に入るのと、23時くらいから入るとでは気持ちが違います。

やっぱり先に入っている人の目が気になって遠慮しがちな気分になると思います。

僕はもう常連なのでそんな気持ちはありませんが、始めのうちはみんな先輩に見えたり、ライバルに見えたり、みんなかっこよく見えたり、みんなプロに見えたりしますが、実際はまったくそんなことありません。

【対策6】店員さんと顔なじみになる

なかなか女の子に話しかけるのが難しければ、女の子に話しかける前にキャッチに話しかけたり、店員さんに話しかけたり、他のナンパ師に話しかけたりすることで、その場を自分のテリトリー化することができます。

例えばコリドー街でナンパするとしたら、積極的にその場所にいる人たちに話しかけると『みんな知り合いなんじゃないか』といういい意味で安心感を観じます。

みんな知り合いだからこの場所でも大胆なことをしても大丈夫という気持ちになって躊躇なく女の子に声をかけられるようになるはずです。

【対策7】何度も通って場慣れする

何度も通うことで気持ち的にも場慣れして余裕が生まれますし、そこで成功体験を得られれば、その場を攻略した気分になれます。

それが毎回違う場所でナンパの練習をしてしまうと、勝手が違いますし慣れないので成功体験がなかなか得られません。失敗ばかりだと疲れてしまうので、同じ場所で場慣れするのがおすすめです。

>> 出会い促進からデート成功までのマンツーマン総合恋愛コンサルティング

\ マンツーマン恋愛コンサルティング

詳しくはこちら