彼女が欲しいなら人生初に挑戦しろ!それが彼女ができる近道だ

彼女が欲しくて年間200回デートしたら作業ゲーになった

こんにちは。恋愛コンサルタントのNAOTOです。

僕は年間で200回ペースでデートしていました。

人数は約60人の女性と週3回ペースでデートしていますので、一人の女性と3回以上がデートすることになります。もちろん遊びで終わることもあったり、僕にその気がなくて何もせずに終わるケースもあります。

もちろんホテルに行くのにも1回1万円とかかるわけですから相手を選びます。

それだけデートして女性と接しているともう慣れすぎて自分の中でパターン化して来るんです。

慣れてしまって感情移入とかしなくなってくるんです。

好きになったとか少なくなりました。

結局なんでもそうだけど環境による慣れなんです。

慣れてしまえば、怖いものはなくなります。

美人な女性だって100回セックスすればさすがに飽きます。

飽きるわけないのという人は100回したことないからです。

同じAVだって30回も見ればさすがに飽きますよね?

お化け屋敷だって100回通ったら怖くなくなりますし、ゲームだって同じモンスターと100回戦ったら動きもすべて覚えて怖くなくなる。

ただの作業ゲーになります。

恋愛も一緒です。

ただの作業ゲー、ヌルゲーです。

言う事言ってやることやるだけです。

そりゃ相手によって相性はあってどうしようもない人もいます。

でも相性は合わせられるものだし、やり方次第でいくらでもなる。

多少の違いはあるけど、乙女心は基本的にみんな一緒だからやることは同じなんです。

でもゲームとの違って致命的なミスをすると復活できないということはある。

その女性とのストーリーはジ・エンドになるということ。

でもまた他の女性に試せばいい。

ただそんなにチャレンジできるほど出会いがなかったりして苦しんでる。

出会いがあってもデートのやり方の正解がわからずに苦しんでる。

正解がわかれば攻略は早くなります。

攻略方は既に攻略法を知っている人にコツを聞くことです。

ゲームと同じですよね。

その人特有の技もあるけど真似できる部分も多いんです。

彼女が欲しいなら自分自信をレベル上げしろ

あとは自分を磨くことです。

ゲームでレベル上げするのと同じです。

レベルが低いままだとどう頑張っても勝てません。

レベル上げは見た目もそうだけど人間力です。

だから男は30を越えてからが一番魅力的になります。

一番市場価値が高くなるんです。

人生経験を積んでいる人が強いのは間違いありません。

人生経験を積んでいる人は話題も豊富だったり、人を惹き付けるストーリーを持っていからです。

そして苦労した分オーラが出ます。

でも30歳を越えて空っぽの人だったり仕事ができない人は見た目から何も惹きつけられるものを感じません。

オーラってやつです。

彼女が欲しいなら「人生初」に挑戦しろ

挑戦!挑戦!挑戦!

月に1回は人生初に挑戦してください。

面白いことに挑戦してください。

それが人間力アップの近道です。

人間的な魅力が上がると世界観が作られます。

そして女性は自分にはない新しい世界感を見せてくれる人に惹かれます。

世界観とはものの見方です。

この人はこういうふうに世界を見ているのか。面白いな。

この人といると新鮮だな。勉強になるな。尊敬できるな。

この人といると知らない世界を見せてくれるな。

新鮮で毎日が楽しいな。

そんな風に思ってもらえます。

僕の人生初の挑戦

僕も「人生初」を探していろいろやりました。

その中でも僕の人生で避けてきた「接客業」と「居酒屋」で働くことも30歳を越えてからあえて挑戦しました。

結果なかなかの地獄でした。

辞めたいと何度も思いました。

飲食業って、そして居酒屋って死ぬほど忙しいんですね。

端から見ているとわからないんですが、なんでこんな仕事があるんだろうと思えるくらい忙しいです。

忙しいのに長時間労働で給料安い人がいるから成り立っている商売です。

厨房と裏でどんな戦いが繰り広げられているかなんて働いてみないとわかりませんでした。

最初は年下の男の子に馬鹿にされたり、お客さんから「この店員大丈夫?」見下されたりしました。

いやー、あのお客さんの目は屈辱ですよ。

いつもは会社でそこそこのポジションで働いているのに、『居酒屋店員なんて』という目で見ている人は結構います。

でもいいんですよ。

自分で選んだ挑戦だから。

できる奴はどんな環境でも頭角を現す

このチェーン店の居酒屋で僕はおすすめ商品のセールスを全国でぶっちぎりの1位になってやりましたよ。

大本の会社から表彰されましたよ。それも3ヶ月連続です。

お店も売上9位から3位に浮上しました。

パワハラ店長も馬鹿にしていた年下のバイトの子たちも周りの見る目が変わりました。

もちろん自信にもなりました。

僕に売らせれば売れないメニューはないと思えるほど自信が付きました。

今では食べたことがない商品でもすぐにお客さんが欲しくなるセールストークを見つけられます。本部が提唱するマニュアルのトークなんかクソです。全く売れません。

どんな希少な材料を使っているとか、どんな調理をしているとか、お客さんにとってはどうでもいいんです。

どの商品も美味しいことは間違いありません。だからお客さんは、その商品が絶対に食べたいわけではないんです。

でも僕は絶対に食べたくなるセールストークがすぐに思いつきます。

そして僕を信用して注文してくれるんです。

これって一言で言えば僕のお客さんに対する圧倒的自信から来る安心感です。

初対面の僕のことを信じられるかどうかを見た目や話し方から判断しているんです。

『この店員さんの言うことは間違いなさそうだな。一回食べてみるか。』と思わせることが上手いんです。

ナンパも彼女づくりも信用力

これってナンパでも恋愛でも同じなんです。

ナンパも自信たっぷりに声をかけるは大前提です。

自信のない人からは買いたくないですよ。

「このパスタあんまり味には自信がないんですけど食べてみませんか?」

なんて言われて誰が食べたくなりますか?

だからまずは自信たっぷりに声をかけます。

その自信が女性から見て安心感につながりまず話を聞いてもらえるようになります。

そして、その時間、その場所、その女性が一番興味がある話題を振るんです。

そのためには相手が何をして、きてこれから何をして、今何を求めているかを察知する力が必要です。

それは歩き方、荷物、歩く方向、視線、服装、歩く姿勢、歩くスピードを見れば察しが付きます。

仕事帰りなのか仕事中なのか、暇なのか、忙しいのか、行き先があるのかないのか、どんな気分なのか、何がしたいのかわかるんです。

ナンパの声かけにもマニュアルのような定番のフレーズがありますが、すべての女の子に使えるものではありません。

もちろん練習として最初は余計なことに気をつかわないようにマニュアル通りにやることは良いと思います。

でもマニュアル通りにできたらより成果を出していくためにはあなたにしかできない、あなたの強みを生かしたオリジナルの声かけ法を見つけなければなりません。

ナンパから連れ出すときも人間性を見られている

コリドー街でナンパして、女性をお店に誘うとします。

そのときに女性は

この人と食事に行って大丈夫か?

この人とデートして大丈夫か?

こう見ています。

安心してもらうためには自信ですね。でも自信は人生経験がないと湧いてきません。

そのためには人生初に挑戦してください。

でもどうせ挑戦するならナンパがおすすめです。

出会いも増えて女性慣れもできますしコミュニケーション力も磨けます。

言い訳する奴に彼女なんてできるわけがない

挑戦しろって言うと、時間がないからできないとかお金がないからできないとか、本業が忙しくてできないとか、環境がないからできないとか言い訳する奴がいますが、そんなのは一生彼女はできませんし作ってもらいたくないです。

それでもこっちの世界に来て人生一度はモテてみたいと思うなら僕が手伝いましょう。

彼女を作れる環境を僕が作ります。

強制的に出会いの場所に連れていき美人と話す機会を強制的に作ります。

毎週続けることであなたの女性に対する恐怖心を麻痺させます。

そして彼女ができます。

>> 出会い促進からデート成功までのマンツーマン総合恋愛コンサルティング

\ マンツーマン恋愛コンサルティング

詳しくはこちら