今日急にデートがあっても対応できるように準備おけ【デートの失敗理由】

こんにちは。恋愛コンサルタントのNAOTOです。

デートの失敗理由としてデートの準備不足ということが第一に挙げられます。

「今渋谷にいるんだけどこれからご飯しない?」など、急なデートに誘われて、デートの準備も全くしてなかったら相当デートに慣れていなければ失敗します。

服もダサいままだった。

デートだと思っていなかったから髪型もちゃんとセットせずに会社に来てしまった。

お店も考えていなかった。

何を話そうかも考えていなかった。

二軒目のお店も、ホテルに連れていくプランも何もかもがノープランのままだった。

ノリで入ったお店が接客も味も最低だった。

結果、デートが失敗します。

デートは段取りが8割

デートは準備で8割が決まります。

仕事でも段取りが8割、仕事が2割とよく言うじゃないですか。

計画を練って計画通りに行かなくてもある程度イレギュラーを想定しておくことで、心にも余裕ができますし、実質的に提案力も対応力も高まります。

食べログを見て普段から行ってみたいお店の情報収集をしておくこととか、会社の人に美味しいお店を聞いてアンテナを張っておくこととか、できることたくさんあります。

毎日がデートだと思って準備をしろ

そして急なデートに対応できるように毎日がデートするつもりで生活するべきです。

  • デートのときしかデート用の服を着ない人
  • デートのときしかちゃんとした格好をしない人
  • デートのときしか髪型を整えない人
  • デートのときしかお気に入りの靴を履かない人

こういう人は普段から100%の力を発揮しないので成長が鈍ります。

毎日100%出し切っていれば次の日には101%に成長しますが、デートのときしか100%を出さない人はデートのときしか101%に成長しません。

毎日が本番なんです。

毎日成長するために服も髪型も靴も顔つきも研究するんです。

忙しいからとか勝負服が痛むというのは言い訳です。

金が無いと言うのも言い訳。

時間がないと言うのも言い訳です。

言い訳しているうちは100%出し切っていないんです。

デートがない日でも100%の自分を出し切って生きていると1日1%づつ成長するんです。

成長が鈍い人はこの考え方が備わっていません。

「自分には自分のやり方があるから」とか

「自分には自分の都合があるから」と、言い訳ばかりして本気を出さない人です。

どんなに疲れていてもベストを尽くす努力をします。

どうしても疲れていて昨日より顔が劣っていてもその日その時にできるベストをします。

毎日の服選びも毎日1時間かけて早起きして服の研究を半年間続けましたし、毎日自撮りをして自分の顔が一番よく見える顔を研究しました。

少しでもいい男になりたいために、少しでもいい女性と付き合いたいために努力しました。

知人に「お前の彼女ブスだな」って言われたことがコンプレックスでした。

もう二度と「お前の彼女ブスだな」と言わせないために自分を磨きました。

ここまでできないって人はそれまでです。

僕にはあなたが誰と付き合おうと関係ありませんので何も言いません。

理想論だと言う人もいるかもしれませんが、理想の自分になりたければ理想を追求するべきです。妥協した途端に妥協の毎日は始まります。

水は低い方へ流れる

「水は低きに流れ、人は易きに流れる」という言葉があります。

人は簡単に楽な方へ流れてしまうという戒めの言葉です。

楽したら成長しません。

昨日と同じことをやっていたら成長しません。

髪型だって笑顔だって昨日より上を目指してください。

これは1日だけではなく一ヶ月だけでもなく毎日最低半年間は続ける考え方です。

この考え方が備わっていないと僕のコンサルも役に立ちません。

>> 出会い促進からデート成功までのマンツーマン総合恋愛コンサルティング

\ マンツーマン恋愛コンサルティング

詳しくはこちら