街コンのレベルが低いと感じたらハイスペックパーティーがおすすめ

こんにちは。恋愛コンサルタントのNAOTOです。

街コンのレベルが低すぎてうんざりしている人。

街コンの殺伐とした雰囲気が苦手で一人で参加できない人。

街コンは何かと気を使って疲れてしまうことも多いと思います。

僕はそんな雰囲気の街コンが嫌いでした。嫌いなのに出会いが欲しいから嫌々行っていました。

でもそんな状態で参加していてはいい出会いなんてあるわけないですよね。嫌々やっていてうまくいくことなんでありません。でも出会いは欲しい。当時は路上やバーでナンパなんてやったことがなかったので、街コンかマッチングアプリに頼るしかありませんでした。

そんな街コンが苦手な男女におすすめなのが、僕が最近参加している招待制のハイスペックパーティーです。

ハイスペックパーティーとは

完全非公開の招待制のパーティーです。ネット上に情報が掲載されることは一切ありません。知人を介して信用できる人だけが参加できるパーティーとなっています。

ハイスペックパーティーとは、僕が勝手にそう呼んでいるだけですが、実際に主催する男性がハイスペックなことが多いだけであって参加する男性の3割が経営者や医者、弁護士、パイロットです。業界も様々で芸能、美容、ジム、学習塾、金融の人がいます。

女性は、秘書、歯科衛生士、税理士、グラドル、保育士など女性も街コンでは絶対にいない職業の方もいます。

僕がまず最初に参加して感じたのは、街コンと違い、殺伐とした空気感がないことです。男性も女性も暖かく迎えて声をかけてくれたり、視線を送ってくれたりして、とても話しかけやすいことが街コンや巷のパーティーとの大きな違いです。

主な開催場所

ハイスペックらしく有明、勝どき、恵比寿、六本木、 青山のタワマン最上階で開催されています。

会場のイメージはこんな感じです。

タワマンといえどもマンションのゲスルームとは思えない雰囲気ですよね。一般人の僕には考えられないくらいおしゃれな内装の部屋です。

女性のスペックとスト値

写真をお見せできないのが残念ですが、
スト値は
1~2が0%
3~4が10%
5~6が60%
7が20%
8が10%
9~10は0%
と感じました。

女の子のノリに関してはコリドー街でもパブリックスタンドでも300円バーでも勝てないくらい女の子のノリが良いです。

ノリの良さ

あえてノリ値という言葉で表現するならパブスタや300円バーのノリが偏差値50だとするとハイスペックパーティーは70は超えています。

女の子のノリがいい理由

その理由は他の出会いスポットとは前提条件が違うからです。

このパーティーに参加できる男性のスペックや容姿は問われませんが、女性に関しては誰でも参加できるわけではなく、紹介者の承認がないと参加できません。

パーティーの趣旨によっても異なりますが、超美人だけを集めることもあり、そういったときには紹介者と第三者に写真を送って承認されないと参加できないのです。

ここまでハイスペックパーティーの概要について説明しましたが、ここからは攻略法についてお教えしたいと思います。初見の方には大いに参考になるノウハウだと思います。

圧倒的女性多数のバグった男女比

規模もそれぞれですが25人の小規模なパーティーから300人の大規模のパーティーがあり、男女比は男性3割~4割、女性6割~7割と女性が余るようになっています。実際これまでに僕が参加したパーティーでは、女性と話さない時間はほとんどないくらい女性と次から次へと目が会いスムーズに話に入れます。そして、会場のいたるところに暇そうにしている女性がいます。

こんな光景はパブリックスタンドでもなかなかありません。パブリックスタンドは良くて男女比率が6対4で、基本男性が余るようになっています。それがこのパーティーでは

他ではあり得ないことですが、このパーティーでは女の子の方から「ご飯に連れて行ってください」と誘われます。

パーティー攻略方法

パーティーは戦争です。 戦争で勝つためのとっておきのノウハウをお教えします。戦争は戦争を仕掛ける前から勝負は始まっています。

準備編

2次会の店候補を出しておく

パーティーから連れ出したや2次会がスムーズに事が運ぶ準備をしておきます。営業時間、駅までの道のり。その店で何を話したいのか。などをイメージすることです。

30分前に会場入りをする

30分前に会場に入って場馴れしておくと戦いやすくなります。

会場のいい場所を確保する

パーティーは戦争です。戦争をする場所で地の利を生かした戦いができるよう下見をしておくのは基本です。

パーティー前半編

イケてる男性と積極的に情報交換する

仲間を作ることで立ち回りやすくなります。仲間がいないと情報戦でも不利になりますので、積極的に話しかけましょう。

主催者とバーテンに挨拶をする

主催者に挨拶して仲良くなっておけば、次回にもっといいパーティーに特別に招待してもらえる可能性が高まります。挨拶しておいて絶対に損はしないです。

トーク編

テンションMAXで挑む

テンションはMAXでいる必要があります。ここで大事なのはノリです。ノリが悪いと何も始まりません。ノリがすべてであります。ノリが悪くて悩んでいる人はそれはそれで別のところで改善しないといけないので、相談してください。

空いている女性がいればガンガン話す

話す。とにかく話すことです。ここは300円バーやパブリックスタンドと同じです。肉食の男性が有利です。草食の男性は不利です。

一人の女の子に時間をかけない

一人に多くても10分以内にLINE交換をして次の女の子に話しかけましょう。そこで関係構築しようとせずにLINEの数を交換して後日デートに誘って勝負します。ベテランでも当日お持ち帰りは難しいようです。

相手の目的を早々に聞く

友達探し?彼氏探し?遊び相手探し?ビジネス目的?を早く聞く。300人規模のパーティーなら遊び目的の女性も一定数いるので、目的に合わない人はどんどん切っていきましょう。

好きなタイプを掘り下げて聞く

ほとんどの女の子がざっくりと好きなタイプを答えます。例えば、優しくて面白い人が好きと答える女性がいます。そういうときは「それおれのことじゃん」と答えれば大丈夫です。大事なのは自信を持って言い切ることです。

それだけだと会話の広がりに欠けるのであれば、もっと掘り下げていくことで深度の深い話ができます。「もっと具体的にどんな人が好き?」「優しくて金持ち以外は?」と聞きます。

浅く表面的な話ではなく真剣な話をすることで他の男性とも差別化できます。

ifトークをガンガン使ってアピールする

もし彼氏ができたら何をしたい?

もし僕と付き合ったら行きたい場所は?

もしデートしたら行きたい場所は?

35歳は恋愛対象になる?

もしかして僕は恋愛対象になる?

もしもトークをすることで相手の頭の中で自分と付き合ったらどうなるのか想像させることができます。

想像したあとに「僕はあり?なし?」と聞いて、女の子が「あり」と答えてくれたら脈は大いにあります。

東京以外の職場はNG

都内開催のパーティーなら横浜、埼玉、千葉で仕事をしていることは積極的に言わないことです。女の子は港区に住んでいそうなハイスペックな男性に会いに来ているわけなので、それ以外の男性は不利になっていまいます。

連絡先交換したら二人の写真を撮ってLINEで共有する

一晩で20人以上の女の子とLINE交換をします。

はっきり言ってすぐに誰が誰だかわかならくなります。

LINEの名前の部分に特徴を書いても特徴が見言い出せないと書けません。

そんなことで時間をとられるのは勿体ないので、二人で記念写真をとってお互いのLINEに送ることで、お互いにあとで「あーこの人だ」とわかるようになります。

写真を嫌がる人は脈がないので切り捨てちゃって大丈夫です。

パーティー後編

君がナンバーワンLINEを送る

誰もが「今日はありがとう」といった内容のLINEを送ると思います。

そんなときに「今日はいい人いた?」と聞かれることもよくあります。

そんなときは、「一番◯◯で良かったのは君だよ」と答えればOKです。

一番ノリがよくて話して楽しかったのは◯◯ちゃんだよ

一番かわいかったのは◯◯ちゃんだよ

一番タイプだったのは◯◯ちゃんだよ

といったように前半の部分を変えて送れば、別の子にも使えて、あと女の子同士が連絡を取り合ったときに「私が一番だって言ったじゃん」なんてトラブルもなくなります。

早くアポをとる

基本的に参加している男性は肉食の人が多いです。女性の空き予定は有限なのですぐに会いている日を確認してご飯に誘ってください。

普通であれば2周間くらい毎日LINEをして関係構築をするのをおすすめしていますが、このハイスペックパーティーに限ってはノリがよく熱が冷めないうちにデートに誘うことです。「鉄は熱いうちに打て」ですね。

デートに漕ぎ着けれなければ他のパーティーに参加する

いろんな人がいろいろな場所で毎日パーティーを開催しています。自分に会う主催者の価値観やパーティーを見つけるまでいろいろなパーティーに参加することをおすすめします。

地域によって女性の属性も違ってきます。例えば、池袋のパーティーはJD(大学生)が多いです。

恵比寿は大人な綺麗な女性が多いです。

その街のイメージ通りに集まる女性も変わってきます。

自分がどんな女性と出会いたいのかで参加するパーティーを変えることをおすすめします。

まとめ

コスパについて

コスパはいい方だと思います。街コンに頻繁に参加していた今回初参加の男性も街コンよりいいと言っていました。

人数が多いため街コンよりマッチング率が高い

普通の街コンは多くても男女10対10くらいです。

街コンでは女性10人の中に好みの女の子や自分のことを気に入ってくれる女の子がいなければ、早々にゲーム終了です。

しかしハイスペックパーティーでは、最低50人規模のパーティーです。しかも、女の子30人に対して男性が20人といったように、男女比4対6といった理想のバランスにコントロールされています。

中には男性100人対女性200なんて大型のパーティーもあります。

マッチングの本質は大人数であればあるほどマッチングしやすくなります。これは会員が多いほどマッチングしやすくなるマッチングアプリや人が多いクラブと同じ原理です。

特に大型のパーティーを狙って参加した方がマッチング率が高まります。

そういった理由から街コンよりも圧倒的にコスパは高いと感じます。また僕個人の感覚で、また行きたいか行きたくないかで言えば、「もっと行きたい」というのが正直なところです。

今まで街コンでいい出会いがなかったことを考えれば、マッチング率と女の子のノリの良さを考えて圧倒的に街コンより優れていると感じました。

街コンに一人で行けない人にもおすすめ

ハイスペックパーティーは街コンと違って招待してくれる男性が楽しめるようにサポートしてくれるので、街コンのように一人で行って味方が一人もいないなんて寂しさがないのもいいところです。

中には事前にどんな女性がタイプかヒアリングしてくれてマッチングしてくれる主催者もいます。

普段出会わない人と出会えるそれがハイスペックパーティーです。それは女性だけでなく男性との出会いもそうです。普段出会わない経営者の人だったり業界で一目置かれている人だったり、超絶面白い人だったり、こういう人と知り合いになっておくと後々いいことが起こるものです。

もちろん考え方やテクニックを見て盗める場でもあります。仕事で成功するヒントを得られるかもしれません。

お金持ちにはお金と人が集まる理由があります。そのプラスの運気をおすそ分けしてもらえるいい機会になります。

人は一人ではいい出会いは生み出せません。結局は誰かの縁で繋がっているものです。

街コンにせよナンパにせよひとつひとつの出逢いを大事にしていきたいものです。

ハイスペックパーティーに参加したい方は僕の方までお声掛けください。

1回につき1人悩める男性をお連れします。

一緒にパーリーピーポーになりましょう。

人生は楽しんだもん勝ちです。

>> 最高のデートで女の子の感動を呼ぶマンツーマン恋愛コンサル

\ 女の子から告白させる感動の恋愛コンサルティング

詳しくはこちら