合コンでマーケティングの仕事をうまく説明する方法【自己紹介】

  • 2019年10月27日
  • 2019年11月2日
  • 出会い
  • 23view

こんにちは。恋愛コンサルタントのNAOTOです。

僕はずっと悩んでいました。

女の子マーケティングの仕事をなんて説明したらいいか。

マーケティングの仕事をしている僕が女の子にマーケティングの仕事をうまく伝えるにはどんな説明がいいかと。

マーケティングの概念を説明してもわかりにくい上に合コンではモテません。

「マーケティングの仕事をしています」だけでは他業種の人には頭に???がついてしまいます。

「マーケティングの仕事をしていています。マーケティングはブランディングとか商品を売れやすくする仕事です。」

うーん、これでも抽象的です。

抽象的は話では頭に入ってきません。

できるだけ具体的な商品名やサービス名で「あーあれね」と伝わるように説明しないと意味がありません。

マーケティングの仕事を合コンでうまく説明する方法

「マーケティングの仕事をしていて、僕の特技はインスタのフォロワーの増やし方とか詳しいです。」

「お客さんのインスタグラムのフォロワーを増やすのを手伝っています」

これは実際に合コンのときにリアクションが良かった事例です。

インスタグラムをやっている女の子もやっていない女の子もインスタグラムがなにかは知っていますし、インスタグラムのフォロワーを増やす難しさを知っています。

それを増やすことを仕事にしていると女の子の話題を集めやすいです。

実際にやっているマーケティングの仕事とかけ離れていても問題ありません。

大事なのは女の子を楽しませることです。

合コンもデートも同じですが、女の子を楽しませるために演出やキャラ設定は必要です。もちろん違和感のある設定はやらないほうがいいですが、自然のままにありのままの自分を好きになってもらおうというのはかなかな難しいです。

女の子の好みに合わせてキャラを設定したり演出できる人が有利です。

僕もよく付き合ってから猫を被ってたんだねと言われますが、付き合ってからはありのままの自分を出しても問題ありません。

できるだけ女の子の好みに寄せていきましょう。

他にもわかりやすいマーケティングの説明の仕方

コンサルティングの仕事も同じ

コンサルティングの仕事も説明が難しい仕事ですよね。

女の子にはよく「コンサルティングって何?」って言われます。

うまく説明できないと『なんだか怪しい』と思われてしまって損してしまいます。

だからここでもわかやすくするために予め仕事について設定を決めておくことをおすすめします。

新規事業開発とかコンサルティングの仕事とかはっきり行って他業種の人からみたらイメージができませんので気をつけましょう。

>> 出会い促進からデート成功までのマンツーマン総合恋愛コンサルティング

\ マンツーマン恋愛コンサルティング

詳しくはこちら