女性の褒め方2.0【女性を喜ばす褒め方】

褒め方の続編です。

褒め方1.0はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事

2018年は人生で一番人を褒めた年でした。男女問わず上司も同僚も友達も褒めていると褒めるのが当たり前になってきます。褒めることからすべてが始まる基本的に褒められて嬉しくない女性はいません。ギャルでも子供[…]

そして褒め方2.0は褒め方1.0の進化版です。

これができるようになると褒めをマスターになったと言っても過言ではありません。

褒めたのに失敗するケース

褒めると「ありがとうございます」と返されてしまう場合

褒めても褒めても

ありがとうございます。

しか言われないときありますよね。

マッチングアプリでマッチングして、
「かわいいね」って褒めたら
ありがとうございます」
しか言わない女性。

笑顔が素敵だねと褒めたら
ありがとうございます」
しか言わない女性。

スタイルいいねって褒めたら
ありがとうございます」
しか言わない女性。

「ありがとうございます」
と言われ何も言えなくなっくなってしまう男性

良かれと思って褒めたのに、
ありがとうございます」
と言われて返す言葉に困り会話が続かなくなってしまうというパターンです。

否定してくる場合

そしてもうひとつのよくある失敗のケースとして、
そんなことないですよ。
って否定してくるパターンもあります。

女の子に否定されても、
いやいや本当にかわいいと思いますよ
と、負けずに食い下がっても

ありがとうございます。

またありがとうございますかーい!

あんた会話する気あるんかーい!

でもね

これで、つまんない女だな

と思って終わらせたら進歩しません!

何とかして「ありがとうございます」以外の事を言わせたいと思い、僕が試行錯誤してたどり着いたのが進化系の褒め方を「褒め方2.0」としてここでご紹介します。

200回でデートして出た結論はつまんない褒め方をしてるのは自分だったんだなってことです。

女の子は誰にでも言える安っぽいありきたりな褒め方しかしてこないからリアクションに困ってたんです。

男:かわいいね

逆の立場で考えさせられた

逆の立場になるときがありました。

僕は自転車が趣味なんですが、少しいい自転車に乗ってると、たまに知らない人から声をかけてもらえることがあります。

おお!その自転車かっこいいですね!って。

で僕は思わず、

ありがとうございます

と言ってしまうんです。

これはいかん!

ありがとうございます以外の何か言わなくては!と思ってもなかなかいい言葉が出てこないんですよ。

こっちから勝手に「いやこれは電動のスポーツタイプでは珍しいですよ」などと語りだすのもおかしいですし。

なので「ありがとうございます」は反射的に一番無難な答えとして出てしまうんです。

なのでどうせ褒めるなら相手がリアクションしやすい、もうちょっと気の利いた褒め方をしてくれないかなと思ってしまいます。

例えば、自転車なら、「スポーツタイプの電動自転車珍しいですね!どこのメーカーですか?」とかね。

かっこいいですね!と比べたら格段にリアクションしやすいですよ。

だからありがとうございますと言わせるような褒め方をしてくる人が悪いんです。

結論として下手な褒め方は罪です。

で、ここから「ありがとうございます」も「そんなことないです」も言わせない褒め方があるんです。

褒め方2.0

ここから褒め方2.0の世界へようこそ。

褒め方2.0には2パターンあります。

具体的に褒める

褒め方1.0「髪めっちゃ綺麗だね」

褒め方2.0「髪めっちゃツヤツヤで輪っかできてるけどどんなケアしてるの?」

褒め方1.0「服のセンスいいね」

褒め方2.0「服の色とバックの色を合わせたセンスがいいね。」

褒め方1.0「足めっちゃ綺麗だね」

褒め方2.0「足めっちゃ無駄がなくて綺麗だけどジムとか通ってるの?」

普通に褒めたら、いやいやそんな綺麗じゃないですよ、と否定されてしまいますが、褒め方2.0なら、素直に喜ばれつつ、「ジムに行っているか行っていないか」について答えてくれます。

一言付け加えて褒める

褒め方1.0「歩き方がかっこいいね」

褒め方2.0「歩き方すごい様になってるけどモデルとかやってたの」

褒め方1.0「優しいそうだね」

褒め方2.0「優しいそうな見た目だからもしかして保育士さん?」

褒め方1.0に一言付け加えるだけでリアクションしやすい褒め方2.0に進化します。

疑問系で褒める

褒め方1.0「ネイルのセンスいいね」

褒め方2.0「ネイルのセンスいいね。自分で選んだの?」

褒め方1.0「服のセンスいいね」

褒め方2.0「服のセンスいいね。いつもどこで買ってるの?」

褒め方1.0「モデルみたいな足だね」

褒め方2.0 「モデルの足みたいにだけど、ジムとかいってるの?」

質問しながら褒めることで褒めること自体に反応させず、質問に対してリアクションをもらえるようになります。これによって褒めても「いやいや」と否定されることがなくなります。

いじりながら褒める

褒め方1.0「スタイルめっちゃいいね」

褒め方2.0「スタイルめっちゃいいけど何したらそんなになれるんだよ。」

褒め方1.0「目がすごい大きいね」

褒め方2.0「目どんだけでかいんだよ。こんなでかいやつ初めてだわ」

褒め方1.0「めっちゃ髪綺麗だね」

褒め方2.0「めっちゃ髪綺麗だけどツバキのシャンプーのCMに出た人でしょ?」

CMに出たことは否定されても髪が綺麗なことに対しては否定されません。いじりながら褒めることで、笑いを取りながら女の子を喜ばせることができます。

他の人が褒めないところを褒める

  • 内面を褒める
  • 一番大切にしている価値観を褒める
  • 考え方を褒める
  • ご両親を褒める
  • 友達を褒める

褒め方1.0「〇〇ちゃん性格いいね」

褒め方2.0 「○○ちゃん性格いいよね!お母さんとお父さんめっちゃいい人でしょ?」

褒め方1.0「〇〇ちゃん性格いいよね」

褒め方2.0 「○○ちゃん性格いいよね!絶対友達多いでしょ?」

褒め方1.0「〇〇ちゃんのその結婚に対する考え方いいね」

褒め方2.0 「〇〇ちゃんの考え方を聞いて初めて結婚してもいいかなって思ったよ」

褒め方1.0「お兄さんいい人だね」

褒め方2.0 「お兄さんいい人だね。会ってみたくなった。」

その人が尊敬している人や身近な人を褒めるとまるで自分が褒められているかのようか感覚になります。

褒め方を極めると会話が無限に続く

褒め方を極めるとLINEでもデートの会話でも会話が無限に続きます。

上手に褒めることは相手に褒めを気が付かせずステルス的に褒めることではないと思っています。

褒められていると感じながらも、それでも相手の褒めを受け入れてしまう。そんな褒めが上手な褒めだと思います。

意図的に褒められているのはわかっているけど、この人の褒めなら嬉しい。もっと褒めて欲しい。

そういう褒め方はさらに進化した褒め方3.0でお話しますので、楽しみにお待ちください。

もうちょっと詳しく解説して欲しい箇所があったらコメント欄で質問してください。

>> 出会い促進からデート成功までのマンツーマン総合恋愛コンサルティング

\ マンツーマン恋愛コンサルティング

詳しくはこちら