バツイチ子持ちのあなたの短所を強みに変える方法

こんにちは。恋愛コンサルタントのNAOTOです。

バツイチ子持ちのあなたの短所を強みに変える方法です。

バツイチ子持ちの人は再婚にハンデがあると考えます。確かに、ある部分ではハンデはあります。

けれどもある部分では他の人が経験していない突出した人生経験を持っているとも言えます。

その経験は必ずあなたの武器になります。

僕がそうだったように、バツイチで子供がいた男性にしかない強みがあるんです。

その強みは初婚の女性にも大きなメリットをもらたします。

あなたのいいところを必ず女性はわかってくれてバツイチで子供がいたからと言ってそれだけで結婚対象外とはしないはずです。

それだけで結婚対象外とするような女性と結婚してもお互い幸せになれませんのでそういう女性のことは考えなくて大丈夫です。

初婚の男性とは違う覚悟がある

一度失敗して二度目は失敗したくないという気持ちがあるので、次は絶対に失敗しないように再婚するなら相応の覚悟を持っているはずです。

初婚の男性より現実的な人生設計を描いてくれる

再婚の男性よりも結婚に対し慎重に考えています。

慎重に考える分、細かい人生設計まで描き切ってこそ再婚したいと思えるはずです。

前の子供のこと、前の家族のこと、両親のこと、新しい家族のことなど考えることが初婚のときは大きく違います。

子供との付き合い方を知っている

失敗した分、新しい子供には存分な愛情を注ぎたいという気持ちが人一倍あります。

既に経験済みだから安心

僕もそうですが、結婚のこと出産のこと育児ことなど経験済みなので、何も問題はありません。

初婚の男性にはない優しさがある

初婚の男性にはなかなか持ち合わせていない絶対的な優しさがあります。

女性のわがままを許せる心の広さを持っています。

そういった考えるべきことを考えて慎重に結婚する分、失敗は少ないと言えます。

我慢強さがある

初婚の男性にはない我慢強さがあります。

再婚するからには初婚よりも周りに与える影響も大きい分、覚悟がありますので、我慢強くもあります。前の子供や前の嫁に対しても気遣いが必要です。

特に離婚後にも仲良く会っている関係なら、前の嫁はなんて思うでしょうか?

仲良くしている分、縁りを戻してくれるかもしれないと心のどこかで期待している分、あなたが再婚したら前の嫁に与えるショックは大きくなります。

そっちが好きにやるならこっちも好きにやらせてもらうわ。となり子供への愛情も薄らいでしまうかもしれません。

もう離婚したんだから関係ないというのは血のつながった父親として無責任です。

養育費だけが父親の責任でもありません。

いろいろな人の気持ちを考えて再婚をしないと、結局みんな不幸になってしまうかもしれません。

バツイチ男性ならではの対応力がある

何を聞いても動じない対応力の幅を感じます。

冷静で感情的にならない・束縛しない

どこで誰と何をしようともあまり干渉的になる人は少ないはずです。なぜなら心に余裕があるからです。

そのため、束縛する人はかなり少数なはずです。

一度失敗したから二度目も失敗するのでは?という懸念

本人の性格にもよりますが、結婚と離婚は本人だけでなく周りの人への影響も大きいです。そういった中で反省もせずに気軽に再婚する人はそうはいないはずです。少なくともバツイチは後ろめたい気持ちもあるでしょうから次は失敗しないようにと考える人が大半なはずです。

その他の悩みの最新記事8件