デートに誘っても反応が悪いのは布石を打っていないから

こんにちは。恋愛コンサルタントのNAOTOです。

街コンやコリドー街でナンパして連れ出してLINEで交換したのに、後日ご飯に誘ってもいまいち反応が悪いときってありますよね。

その原因のひとつに最初に会った時にデートにつなげるための布石を打っていないことが原因です。

布石とはドラマの予告のようなもの

ドラマの予告をイメージしてもらればわかりやすいでしょうか。

次週のドラマの見どころをかいつまんでほんの少し見せれば、次週のドラマを見たくなりますよね。

ジャブを打って反応を見ておくという意味もあります。

情報を少し見せて、相手の反応を見て反応が良ければ次回に実施するということです。

デートするならどこに行きたいかヒアリングすることです。

その女性が行きたい場所をヒアリングして、「じゃあ初デートはそこに行こう」と初回に出会ったときに話をしておくことが布石です。

そして後日デートのアポをとるときに行きたい場所の話をすれば既に布石を打ってあるので、そこから話を始めればスムーズに話が繋がります。

行きたい場所がないときは?

女性が行きたい場所がないときは何が食べたいかヒアリングしておきましょう。

寿司が食べたいとかすき焼きが食べたいとか和食が食べたいとか何かしらあるはずです。

それでも特に要望がない場合はあなたのこだわりのお店に連れていけばOKです。

ヒアリングが上手いと相手の要望を上手く聞き取れる

要望を上手く聞き取りやすいと相手の望みを叶えることができます。

僕はよくカードゲームに例えますが、相手が欲しがっているカードを自分が持っていると恋愛はうまくいきやすいです。

行きたくてたまらない場所=女性欲しいもの

連れて行ってあげられる場所=あなたが持っていて提供できるカード

ということです。

女性が欲しがっているカードが何かを把握できれば、そのカードをこちらで作るだけです。

考え方はシンプルですよね。

ヒアリングして相手の要望を叶えてあげるだけです。

初回のデートで2回目のデートの布石を打つ

「2回目のデートにつなげられない」というお悩みをよく聞きます。

それだけ1回目のデートはお試しという意味合いが強くて1回目で落選してしまう人がほとんどなんです。

まあ僕もそうでした。2回目会ってくれないのが悩みでした。

はぐらかされたり、忙しいと言われたり、フラれたも同然です。

でも残念ながらそれはあなたに原因があるんです。

原因はつまらないデートをしたからということと、次回に期待させなかったからという理由です。

2回目のデートにスムーズに誘いたければ初回のデートのときに2回目のデートにつなげる布石を打つ必要があります。

次回にはどんなところに連れて行ってもらえるんだろう

次回はどんな美味しいものを食べさせてくれるんだろう

次回はどんなおしゃれなバーに連れて行ってくれるんだろう

そう期待させた状態で初回のデートを終えるんです。

3回目のデートでも同じです。

3回目のデートに繋げたければ2回目のデートで次にどこに行きたいかヒアリングして布石を打っておきます。

布石の応用編

2回目のデートにつなげるときだけ布石を打つのではありません。

布石は恋愛においてジャブであり駆け引きの一種です。

家に連れ込むのも布石ですし、ホテルに行くのも布石を打っておけばスムーズにことは運ぶものです。

もう一度言いますが、布石とはヒアリングして、相手の要望を聞き出して、相手がどこまで許してくれるか探っておくことです。

自宅に連れ込みたいなら、「肩凝ってない」とヒアリング→「マッサージしてあげる」とジャブを打って反応を見る→反応が悪くなければ→家の近くで飲み→自宅連れ込み。

こんな流れです。

布石はジャブでもあり駆け引きの一種でもあります。

将棋や囲碁をされる人ならわかってもらえるかもしれませんが、その1手が次の1手につながる布石になるんです。

あなたのひとつひとつの行動が未来への布石になっているんです。

その行動によって未来が変わっていくんです。

待ったなしの勝負なんですね。

待ったなしの勝負を楽しみましょう。

恋愛は頼んだもの勝ちです。

いつも負けてばかりだと楽しくないかもしれませんが、その分勝てたときの喜びは大きくなります。

将棋や囲碁と違って恋愛には感情やライバルという不確定がたくさんありますので、最善の一手というものはありません。

でも常にベストだと思われる一手を打てるように練習しておくことは大事なことです。

2回目のデートにいけるように次に行きたい場所くらいヒアリングしておきましょう。

>> 出会い促進からデート成功までのマンツーマン総合恋愛コンサルティング

\ マンツーマン恋愛コンサルティング

詳しくはこちら