2019年1月11日(金)コリドーナンパ地蔵克服コンサル実績(LINEゲット)

こんにちは。恋愛コンサルタントのNAOTOです。

コリドー街でナンパコンサルをしたときのお話です。

仕事終わりに美容院に行き、万全の準備を整える。

今日はどんな女の子と出会えるんだろうかと考えると、わくわくしてテンションが勝手に上がってしまう。

今まで自分の人生の中でこれほどまでに楽しいことがあっただろうか。

そんなことを考えながら電車の中で一人でニヤニヤが止まらない(笑)

◆21時

銀座のラーメンで腹ごしらえ。あなりあっさりした素朴な味のラーメンだ。
ナンパ前だからテンションをあげて店員さんに話しかけるが店員さんのリアクションとスープの味は薄め。

21時半

有楽町集合。

最初の10分は様子見。

さすがに金曜日は人も多いが全体的にスト値がいつもより1~2高く、普段は4~6といったところが、5~7の女性目立つ。

慣れていない人はレベルが高すぎて気後れしてしまうかもしれない。

しかし、コリドーの路上は薄暗くてあまり顔がはっきり見えないところがいいところでもある。美人だと思って気後れしないし、女性もはっきり見えていないかもしれない。

僕と講習生は前回と同様に無理のない設定を決める。

さすがに前回は10時間以上一緒に過ごしただけあって、設定は確認程度で済む。

僕は34歳
講習生は23歳。
11歳差だが僕の会社に来ているインターン生という設定。

僕の会社はIT系の会社、講習生の夢はSEだから僕の会社にインターンにきた。
会社は横浜。
よくランチにいく間柄で仲が良い。
講習生があまりに社会経験がないから今日は神奈川からはるばる社会勉強に来た。


コリドーナンパ開始。

講習生は2回目のコリドーナンパとなる。

さすがに前回僕の声かけを見ていたとしても、1組目の声かけで食いつき連れだししてしまったので声かけは全然慣れていない。

約15分間ほど地蔵したので、ここで目標を決める。「今日の目標を1声だけかけられれば目標達成としよう」

勇気を振り絞って1組目の女性に声をかける。
女性二人後ろから声かけし、振り向いてくれるものの、少し驚かれる。
立ち止まってはもらえない。

前に回り込んで目が合ってから話しかけるようにアドバイス。

2組目はかなり振り向いて話を聞いてもらえるが、講習生の足が止まっていて女の子に追従できていないため、そのまま行ってしまう。

しかし、かなり惜しかった。

女の子の前を追従していれば、足を止めてもらえる可能性はあった。

3組目へ声かけ。
20代半ばのスト値6くらいの普通にかわいい二人。
幸いにもすぐに足を止めてくれる。
しかし、何を話してたらいいのか、会話に困ったところをいい感じで僕に話をふってくれたので会話に混じる。

いつものブラジルの水を飲みに行こうというくだりで連れ出しに誘うが、お店の前まで来て、いっぱいで入れない。
他のお店を見渡すも金曜日ということだけあって、どこのお店も人、人、人で入れない。

さすがに少し焦るが、焦りを見せてはいけない。
女の子と会話で盛り上げ、繋ぎながら女の子を飽きさせない。その間に空いているお店を探し歩く。

幸いにも和食居酒屋の店員が外でキャッチしてくれていたので、すんなり入ることができた。

店員さんに「なんていいところに声かけてくれたんですか」と店員さんを褒めまくる。店員さんもやってやったぜとばかりに満面の笑み。

あーやっぱりコリドーナンパは楽しいなーと幸せな気分になる(笑)

女の子たちはテーブルを挟んで対面に座ろうとしたので、「どうせなら男女交互に座ろうと」と提案し、これがやはり吉と出る。

交互の方が絶対に会話が盛り上がるのだ。
女の子を口説くときは絶対にカウンター席と決めていて、まだ両手で数えられる程度の経験だがカウンター席でいい雰囲気にならなかったことはない。

言い換えればカウンター席で落とせなかった女性はいないくらいだ。
それくらいカウンター席に絶対の自信を持っている。

まさに必殺カウンター。

男女の脳の造りから男は女性右側に座ることが良いと言われているため、

男女
テーブル
女男

となるように座った。

女の子たちは日本酒が好きなご様子。
講習生と累計30時間以上一緒にいるため、かつてないほどコンビとして会話が噛み合い、会話も盛り上がる。

女の子たちは浅草と千葉在住。

スト値6以上でクラスで一番かわいいレベルくらいか。
それなのに彼氏なし、出会いなし。
出会いがなさすぎて街コンの司会までやっているとのこと。

2時間経ち終電も近くなったため講習生と僕はお互いの隣にいる女の子とLINEを交換する。

LINEを交換するのをあえて1人に絞るようにした。
欲を出して二人と交換しても、ろくなことがないのだ。

女の子は少なめでお会計をして外に出る。

講習生と二人で話し合って終電後も横浜でナンパの練習をしようと決める。

横浜に向かっている間に女の子から終電を逃したから戻ってきて欲しいと電話がかかってくる。

電話の様子から相当酔っていて明日には覚えていなさそうな感じだ。

さすがに終電も終わってしまい戻れないので後日また飲もうということで電話を切る。

予想は的中し翌日には話したことは覚えていなかった(笑)

横浜に到着。

終電後の横浜駅はタクシーを待つ人。

帰宅を急ぐ人はいるが、暇そうな人は人っ子一人いない。
終電後1時間も経つと本当に人影がいなくなる。

横浜駅西口方面にあるHUBや鶴屋町方面にあるHUBも覗いてみるが、お客さんは2割くらいしかいない。ましてや女の子なんているわけがない。

HUBから出てくる女の子に声をかけるが、相席居酒屋に吸い込まれてしまう。

仕方なくコーヒーを買って歩きながら恋愛の話をする。一回目の地蔵克服コンサルのときに出会った女の子がセフレになったこと等々、話が尽きない。

まあ、これはこれで楽しいが流石に寒くなってきたので、マックに行こうとするがマックも中には入れない。

ガストに行き始発を待ち、解散。

講習生はLINE交換した千葉の子といい感じで、今度デート予定とのこと。

僕も講習をさせてもらいながら、週末はデートの予定で一杯となり嬉しい悲鳴だ。

気が付いた点

講習をする立場でありながら、毎回僕自身も勉強する部分が多く、僕も成長できていることが非常に有難い。

講習する立場でなかったら講習生とは出会わなかったこと、学べなかったこと気が付かなかったことが多々あっただろう。

そういった意味では、未熟ながら他人へ現時点での知識や経験をアウトプットすることにとても意味があると感じた。

人が声かけしているところ客観的に見ていると、どこがいけなかったのか、どこが良かったのかなどを瞬時に整理する必要があり、その分析結果を瞬時に講習生に伝えることで自分の思考の整理にも繋がる。

覚えた知識や経験は人に伝えることをおすすめしたい。

肉食になって人生を変えるコンサルティングはこちら

\ 良い記事だったので投げ銭する

Processing ...

決済はstripe社により安全に処理されます。

肉食になって人生を変えるコンサルティングはこちら

\ 良い記事だったので投げ銭する

Processing ...

決済はstripe社により安全に処理されます。

>90日マンツーマン肉食化コンサル

90日マンツーマン肉食化コンサル

メンヘラな彼女にうんざりしている男性のための本気の個別コンサルティングです。あなた自身を変えてメンヘラにならず、つくらず、ちかよらせずの非メンヘラ三原則を90日間で叩き込みます。