告白が失敗する理由

こんにちは。恋愛コンサルタントのNAOTOです。

告白したのに失敗する理由。

それは

時期尚早で早すぎる

これにつきます。

早すぎる理由は告白以前にやるべき事をやってないということです。

告白が失敗する三大要素

  1. 人として信用されていない。
  2. デートで楽しい時間を作れていない。
  3. 相手が望むものを提示できていない。

女の子が気にするところは

  • この人は信用できる人なのかな?
  • この人と付き合ったら楽しいのかな?
  • この人と付き合って未来(将来性)はあるのかな?
  • 他の人じゃなくてなぜこの人となのかな?

女の子がこんなふうに考えたときに、あなたが女の子に自信を持って提供できるものはありますか?ってことです。

それでは告白が失敗する原因をひとつづつ見ていきましょう。

この人は信用できる人間かな?

恋愛は信用の積み重ねの上に成り立っています。

信用されない人は告白以前の問題です。

  • デートのときいつも遅刻していないか
  • 真剣に二人の将来のことを考えているか
  • 二人が出会った記念日を忘れていないか
  • 連絡はスピード感を持って返しているか
  • 連絡する内容は相手のことを考えた内容になっているか
  • 次のデートでどんなデートをするか真剣に考えたことはあるか

まっとうなデートをして、会えないときは日々LINEや電話でコミュニケーションをとって信用される人間になりましょう。

恋愛は信用をベースにできています。信用という担保の上に将来に対する期待が乗っかります。

信用と期待です。

この人信用できるという状態から、

  • この人と付き合いたい。
  • もっとこの人と一緒にいたい。
  • もっとこの人のことが知りたい。
  • この人を自分のものにしたい。

二人の未来提示して女の子があなたに絶大な信用と信頼(期待)をするようになれば必然的に告白はうまくいきます。

二人の未来とは結婚など大げさなことでなくても大丈夫です。

例えば次のデートでどこに行くとか、どこに行きたいだとかほんの些細なことです。

そんな些細なことでも楽しいことを期待できなかったら付き合っても楽しくないのがわかりきっています。

告白する以前に信用される人間になりましょう。信用される人間は普段の行動が大事です。

人として当たり前にやるべきことをやると信用されます。

例えば挨拶をちゃんとするとか、言葉遣いとか、女の子は見ています。

普段あなたがどんな行動をする人間なのかを見ています。

女の子の前だけでいい顔をする人なのか、普段からいい人なのか、ちゃんと見ていますよ。

この人と付き合ったら楽しい人かな?

この人と付き合って楽しいかな?

『初回デートも二回目のデートも面白くなかったな』

『 きっとこの人と付き合ってもたのしくないだろうな 』

そんな風に思われてしまっては致命傷です。

女の子は初回デートをよく見ています。

どれだけワクワクキュンキュンさせてくれるだろうか。

どれだけ私のために考えてくれただろうか。

女の子はそんな風に無意識ですが感じます。

それなのに初回デートのお店もいい加減で、会話もつまらない、エスコートやリードもなければ終わってます。

そんな状態告白したってうまく行くはずがありませんよね。

この人と付き合って未来(将来性)はあるのかな?

女の子は少し先の将来のことを考えます。

例えば休みが全く合わないような人に告白されても、次会えるのが一ヶ月後とかならデートすらままなりません。

お互いシフト制で休み合わない人同士はそもそもスケジュール調整だけで疲れてしまい長く続かないでしょう。

それを察した女の子は、『この人と付き合っても未来はないな』と感じてしまうのです。

もちろん将来のことを考えると年収や仕事内容も気にしますが、結婚するわけではなく付き合うだけならそこまで年収や仕事内容は気にしない女性が多いです。

まずはちゃんと時間を作って女の子と向き合ってください。

次のデートに行く場所を二人で決めることから始めてみてください。

他の人じゃなくてなぜこの人となのか?

モテる女性なら男性の選択肢はいくつもありますし見る目も肥えています。

そんな中でなぜ自分なのかという自分だけのアピールポイントや強みとなる武器を確保しておきましょう。

こういう女の子に対して局面なら絶対に負けないという自分だけの武器を見つけましょう。

そしてお金持ちであることも立派な強みです。

美容師であることも強みです。

社長であることも強みです。

肩書も強みです。

人生経験も強みです。

圧倒的な優しさも強みです。

圧倒的な顔の良さも強みです。

趣味が合うもの強みです。

そのあなたの強みが女の子の望んでいるものに刺されば告白はうまく行きます。

例えば僕の彼女はお洒落とおしゃなカフェで写真を撮ることがとても好きです。

マッチングアプリで出会いましたが、他のたくさんの男からのアプローチを蹴って僕と会ってくれたのはまさしく趣味が全く一緒だったからです。

おしゃれなカフェ好きで写真好きというところでこの人となら会ってもいいかなと思わせたことが勝因でした。

また、会ってからも1回のデートで500枚近く写真を撮ります。

それを僕に撮らせるわけですが、僕は元々仕事でも写真をやっていたので、ある程度は写真が上手いです。

その強みが功を奏して、彼女の撮ってもらいたいという欲求を満たし続けられているのでお互いWINWINな関係で要られます。

そういうWINWINの関係がないと付き合っても続かせることは難しくなりますし、告白しても厳しい戦いになると予想できます。

温め時間が少ないと

告白はお互いに愛を温めたときでなければ、一方的に想いを押し付ける形となってしまい、女の子はあなたの想いに応えられないことに罪悪感を感じてしまいます。

そうならないためにもデートでやるべき事をやりましょう。

やるべきこととは、

  • 時間をかけて人として信用されてること。
  • デートで楽しい時間を作ること。
  • 楽しい時間を演出すること。
  • 相手が望むものを提示すること。
  • 幸せな二人の未来を提示すること。

目指すべきは完璧で女の子の方から告白されるくらい魅力的な男です。

運任せのイチかバチかの恋愛からは卒業しましょう。

告白で粘るのは愚策

とりあえずお試しで付き合ってみようかと提案しても、あなたが女の子に提供できるものがなければお試しの意味がありません。

お試しの商品は商品そのものが「いいものだから使ってみてください」と提案するのが前提です。

まだよくわからないけど使ってみたら好きになるかもしれないので使ってみてくださいというセールストークで一体誰が買いますか?

化粧品に例えるならアンチエイジングで10歳肌が若返りますよ!いかがですか?と薦めますよね。

恋愛だって同じです。

相手の望みを叶えてあげられる人の方が圧倒的に優位です。

僕と付き合ったら行きたかった温泉とかハワイとかディズニーとか一緒に行きましょう!あなたの夢を叶えますよ!

という提案が必要です。

それもなく告白しても成功確率は大して高くありません。

それどころか告白したときにあなたの想いに耐えきれなくなってもう二度と会いたくないってことにもなりかねません。

そもそも告白自体が愚策

僕から言わせれば男らしく告白するなんてことは意味がありません。

好きです。付き合ってください。なんて言葉は誰でも言えます。

誰でも言える言葉に魅力はありません。

せめてあなたにしか言えない言葉。その女の子に言いたい言葉で告白してください。

付き合ってください。は所詮お願いですから。お願いした時点で男の格が下がるんですよ。格が低い男と付き合いたい女性がいますか?

レベルの高い女性ほど、自分のことを高く買ってくれる男性と一緒になりたいものです。

それがへりくだってお願いしたり媚びへつらったりする男に魅力を感じる人はどこにいますか?

完璧な男を演出できれば女性の方から告白してくるんですよ。

女性だっていい男と付き合いたいしいい男ほどライバルがいると思っていますので早く自分のものにしたいと思うからです。

このブログに書いてあることを隅から隅まで読んで、それでも解決しなかったら僕に相談してきてください。

>> 出会い促進からデート成功までのマンツーマン総合恋愛コンサルティング

\ マンツーマン恋愛コンサルティング

詳しくはこちら