デートで手をつなぐタイミング

こんにちは。恋愛コンサルタントのNAOTOです。

手を繋ぐことはボディタッチのひとつで、男性が女性を守るときによく手をつなぐのが自然の流れです。

女の子に気持ちよく快適に過ごしてもらうために手はつなぐんです。

あなたが手をつなぎたいからつなぐんじゃないんです。

目的がおかしいんです。

仲良くなるためにボディタッチしたい

いやいや、目的がおかしいですから。

女の子を守るために必然的に腕を引っ張って危険から回避したり、段差で転ばないように手をつなぐんです。

すべて女の子を守るためなんです。

ボディタッチの使い道を間違えると気持ち悪いことになりますよ。

ただのお触りじゃないんです。

好意がない人に触られるのはセクハラ以外の何物でもない

好意があるかどうかちゃんと見極めてくださいってことです。

少なくとも初対面では女の子が触ってこないときはボディタッチは禁止です。

ためしに階段や段差で手を差し伸べる動作はOKです。

それで相手の女性が手を掴んできたらあなたのことを少なからず興味があるということになります。

手をつなぐタイミング

手をつなぐことは他のボディタッチと違い女の子を誘導するときに使う手段です。

  • 階段を上がるとき
  • 上りのエスカレーターで女の子を先に乗らせるとき
  • エレベーターから降りるとき
  • タクシーから女の子が降りるとき
  • バスから降りるとき
  • お化け屋敷に一緒に入るとき
  • ジェットコースターから降りるとき
  • 観覧車に乗るときと降りるとき
  • 電車に乗るときと降りるとき
  • 狭い車道で後ろから車が来たとき

考えればまだまだあります。

遊園地は手をつなぐチャンスがたくさんある

遊園地はたくさんの乗り物にアトラクションに乗り降りすることが多いので自然に手をつなぐ機会がたくさんあります。

もう一度言いますが、手をつなぐのはあなたが繋ぎたいからではなく、女の子を守るためであり、女の子をエスコートするためでもあり、女の子に気持ちよく過ごしてもらうためです。

乗り物乗り降りの際は、乗り物と地面との間に距離があったりして乗り降りがしんどいです。必ず男性側が下り口側に座って、乗り物から降りるときは女性の手をひっぱってエスコートしてあげましょう。

一言で言えば手を繋ぐのは誠実さです。

ボディタッチは誠実さ

その思想から言えば、他のボディタッチも女の子のためにするもので、誠実さの一種と言えます。

  • 手を繋ぐのは転ばないようにするため
  • 手を繋ぐのは怖いさから守るため

逆に魅力的な女性を前にしながらボディタッチをしないのは不誠実な行為といえ、女の子を守る気がなく、楽しませる気持ちがない甲斐性のない男ということになってしまいます。

ボディタッチは慣れ

ボティタッチは慣れです。何度もデート経験を積んで女の子をたくさん本気で口説いてみないと始まりません。

理屈じゃないんです。感覚なんです。感覚は実体験でしか得られません。

ぜひたくさんデート経験を積んでください。

デート経験積む前に出会いがないという方はどうぞ相談してきてください。

出会いなんていくらでも生み出せます。

デートをたくさんしているのに、その先発展しないという人は別の問題を抱えています。

デートはできているので見た目や第一印象がクリアしているはずです。

もうどうしようもなく彼女ができないって方は、僕が彼女を作りますよ。

>> 仲間と共に遊びながら最高の彼女を作るマンツーマン総合恋愛コンサルティング

\ マンツーマン恋愛コンサルティング

詳しくはこちら

ボディタッチができないの最新記事8件