彼女ができない理由をトラブルシューティング風に解説

こんにちは。恋愛コンサルタントのNAOTOです。

あなたに彼女ができない理由をトラブルシューティング風に解説します。

『なんで自分は彼女ができないんだろう』と思った方は必見です。

彼女ができない人は今から解説する問題を複数抱えていることが多くあります。

彼女ができない原因が解明されるはずです。

彼女ができない原因の致命傷度を★5段階でつけました。

それでは行ってみましょう。

目次

1.出会いの量の問題

1-.1出会いの量が少なすぎる★★★★

そもそも出会いがなかったら彼女候補にすら出会うことができません。出会うために行動しているけど出会いがないと言っている人は、実際行動していないか、行動量が少なすぎるかのどちらかです。まずは出会いを増やすことから始めてください。最低週1回は出会いの場所に行きましょう。月1回では少なすぎます。1年で12回しかバッターボックスに立てないなんて、女性と話す感覚も忘れますしその程度は結果なんて出ません。

1-2.出会いを活かしきれていない★★

出会いから次の出会いの連鎖を生み出さないと毎回新規に出会いを開拓していかないといけなくなります。新規で出会いを開拓しなくてもLINEの友達リストにいる女の子に今度合コンやろうよと声をかけるだけで出会いは生み出せます。

死んでいた女性リストが合コンメンバー集めに化けます。1人の女性から4人の女性を集めてもらえれば、それだけで4倍の出会いが生まれます。一度食事に誘ってだめだったから合コンに誘ってもだめだろうと思うのは早合点で、女性に別のメリットを提示すれば、ちゃんと応えてくれるものです。レベルが高い女性の友達はレベルが高い可能性があります。

2.出会いの質の問題

2-1.自分に合った出会いの場所に行っていない★★★

街コン、合コン、マッチングアプリ、出会いの場所、クラブ、路上でのナンパ、友達からの紹介、結婚相談所への登録、などなどいろいろありますが、そもそも自分がどこの主戦場で戦っていいかわかっていない人が多いと感じます。

街コン1つとってもパーティー形式や着席形式やコンセプトなどのいろいろな切り口の街コンがあります。彼女を作るのと婚活でも行くべき場所が違ってきます。

2-2.自分のしたい事がわかっていない★★★

結婚したいのか、恋愛がしたいのか、遊びたいのか、自分でもよくわかっていない人がいます。それぞれの目的にあった場所に行かなければミスマッチとなってしまいなかなかいい出会いはありません。恋愛をすっ飛ばして結婚したいなら結婚相談所がおすすめですし、恋愛もして結婚するならマッチングアプリがいいですし、遊びから自分を変えていき理想の男になってから自分の実力で素敵な彼女を見つけるなら僕のコンサルがおすすめですし、ゴールが違えば戦う場所も変わってきます。

3.見た目の問題

3-1.見た目の悪さをファッションでカバーしていない★★

顔の作りはファッションでカバーできるので、顔の悪さは言い訳にはなりません。むしろ顔がいまいちなほどファッションでいじりやすく、驚くほど変わります。見た目のせいで自信がないならお金を払ってでもファッションスタイリストに見てもって客観的意見をもらった方がいいですね。

3-2.清潔感がない★★★★

清潔感がない人は第一印象で弾かれてしまいます。清潔感がないのは服が汚れていたり、鼻毛が出ていたり、歯がヤニだらけだったり、頭皮がフケだらけだったりする以外にも意外なところも清潔感のなさが表れます。それは髪を頻繁にいじったり、顔を触ったり、体をボリボリと掻いたり、これは本人すら気が付いていない無意識の癖のようなものですが、直そうと思っても癖なのでそう簡単には治りません。爪を噛む癖のように人が見てないところでは癖がでてしまうもので、女性の前でもつい癖がでてしまうものなのです。

細かいところですが好きになる前は減点法で、好きになってからは加点法で評価されます。好きになる前は嫌なところや悪いところが目に付きますが、好きになってからは人は良いところを探すものです。

3-3.自信のなさが顔に出ている★★

見た目の悪さにはもうひとつあります。それは自信のなさです。自信がない人は魅力的に見えません。顔の作りは悪くないのに自信がなさそうな人は、経験を積んで女性に慣れて自信をつけていくしかありません。

3-4.わかりやすい特徴がない★★

目立った悪いところもなければ良いところもない人がいますが、「普通」というのは「特徴」がないということになってしまい誰からも好かれません。

性格もまあまあ優しいし顔も普通だけど、別に話が面白いわけではないし、気が利くわけでも経済力があるわけでもなく全て普通か普通以下の人で、この人と言ったらこれ!と言うわかりやすい特徴がない人です。初対面のうちは浅い部分しか見えていないので浅い部分でもはっきりわかりやすい特徴がないと記憶に残らずに『この人とかかわるメリットはなんだろう』と考えてしまいます。

例えば、ちょっと話してめっちゃ話が合うとか、波長が合うとかもある1人の女性から見れば特徴のひとつです。波長は自分ではなかなかコントロールできるものではありませんが、出会いの数を増やしていれば、波長が合う人は必ず見つかります。そういう意味では出会いの数は非常に重要です。

4.話がつまらない問題

出会いがあって見た目も良かったら、女性はあなたと話してみたい思います。しかし、そこで話が致命的に面白くなかったら、『もういいや』となってしまいます。

4-1.自己開示が少なすぎるor多すぎる★★★

自慢話ばかりだったり、女性の興味のある話題を振る努力をしない男性は致命的に嫌われます。自分の話をして自己開示をすることは相手の警戒心を解く上で必要なことですが、女の子が話したいことがあるのにそれを差し置いて自分の話ばかりする男性は女性からすれば自分勝手な人だと思われて嫌われてしまいます。

自己開示が少なすぎる(話のきっかけが掴めない)⇔自己開示が多すぎる(女性が話したいことが話せない)

4-2.共通点を見つけられていない★★★

共通点が見つかると人は親和性を感じて親しみを覚えてくれます。親しみを感じるということは、警戒心が薄れ信用してもらえるようになるということです。そして恋愛は信用の上に成り立っています。信用できない人を好きになることは不可能ですので、まずは信用される人間になることです。信用されるには自己開示をして自分のことをある程度知ってもらい、代わりに相手のことも話してもらい、お互いの共通点を見つけられるようする必要があります。

4-3.テンションが低すぎる★★

テンションが低すぎると興味を持たれている感じがしません。例えば付き合った女性が寝不足で最悪のコンディションでデートに来て、全然楽しくなさそうに話していたらあなたはどう思いますか?悲しいですよね。

僕とのデートはそんなに楽しみじゃなかったのかな?って悲しくなります。テンションが低いということは全然楽しくなさそうと思わせてしまいます。やっぱり好きな人とおしゃべりするとついニコニコして声のトーンもあがってしまうものです。それは演技で作為的に作られてものではなく自然に顔に出てしまうものです。そういう自然な表情から女性は、私のことをどう思っているのかな?と判断しているんです。

腕組をして話を聞く男性が多いですが、自己防衛本能の表れで女性から見ても警戒されている感じがして話しにくいので改善した方がいいですね。

4-4.LINEでボケてしまっている★★

まだ仲が深まっていないうちはLINEでボケるのは避けた方がいいです。なぜならあなたのキャラもわからないうちはそれがボケなのか真面目に言っているのか相手の女性にはわからないからです。女性は困惑してしまいLINEを返信するのが面倒になってしまいます。そうなると既読スルーということになります。一度面倒な人というレッテルを貼られると次からが未読スルーされてしまいます。

4-5.自分の評価を下げてしまっている★★

自分の評価を下げる発言をする人がいますが、これは相手の女性から見れば嬉しくもなければ楽しくも面白くもありません。女性を褒めて持ち上げるのは女性にとっては嬉しいことですが、あなたが自分自身を蔑んでもへりくだっても女性にとっても何のメリットもないのです。

そして女性は自分より格下の男性が嫌いです。女性は自分の価値の存在に気が付いて価値を引き上げてくれる男性に魅力を感じます。だから婚活では

年収という指標によって社会的に価値がある男性と付き合った方が、女性にとって価値を引き上げてくれると感じさせてくれるので、年収の高い男性がモテるわけです。

女性の価値を引き上げてくれるというのは、例えば女性がお金に困っていたら女性に仕事を与えてあげたり、女性が仕事のことで困っていたらそれを解決してくれる手段を提示してくれたりする男性です。

他にもインスタグラマーを目指している女性なら、女性をきれいに撮ることができてインスタグラムの使い方が上手い男性はモテます。

その女性がどのようなことに困っているのか。どのようなことをしてくれる男性に価値を感じるのか、普段のコミュニケーションの中で探し出すことが大事です。なかなかデート中の数時間の中でそれを見つけることは時間的にも足りませんので、普段のコミュニケーションの中でそれを見つけるがうまい人は女性にとって付き合うメリットがある男性と言えます。

4-6.話を面白そうに聞けていない★★

女の子の話を楽しそうに聞いてくれる男性が好印象です。その「楽しそうに」というのは具体的にはリアクションが大きいことを指します。女の子の話に対してあなたが大きいリアクションで返すことで女の子は「この人は楽しそうにちゃんと話を聞いてくれている」という印象になります。

リアクションとは具体的に声の大きさ、表情、身振り手振りです。ハキハキと声が大きければ相手にも声が聞こえやすいので、ちゃんと自分の意志が伝わります。でも声が小さくて何を言っているのかわからないような返事だと女の子も言ったことがちゃんと伝わっているのか不安になってしまいます。表情も意思疎通のひとつです。女の子が嬉しい話をしたら男性も嬉しそうに聞いて、悲しい話をしたら悲しそうな表情で聞いてあげることです。

あなたはリアクションが小さいお笑い芸人を見たことがありますか?そもそも声がでかくて身振り手振りがでかいお笑い芸人がほとんどです。声のでかさと体でリアクションを表現することで会話を盛り上げることができます。あなたの好きなお笑い芸人のリアクションを会話に取り入れてください。

5.女の子の自尊心を高められていない問題

5-1.女の子の話を全肯定していない★★★★★

女の子の言うことは全肯定です。女の子が恋愛をする理由は自己顕示欲を満たし自尊心を高めてくれて自己存在の承認をしてくれる人を探すためです。さらに言えば女の子が恋愛に求めるものは自分の存在価値を認めてくれて一緒にいて楽しいと思えることで、これらを与えてくれる男性に魅力を感じます。これがかなり重要で、これが彼女ができない重大な理由のひとつです。否定はもちろんのこと「それはこうればいいんだよ」というアドバイスも要りません。そのワンミスだけで女の子の機嫌を損ねてしまうと、その後のデートの雰囲気がガラッと変わってしまいます。以前、僕がしてしまったミスは女の子が方向音痴だと言うときに、「そういうときはGoogleマップ使えばいいじゃん」と言ってしまったことです。それだけでプライドが高い女の子は機嫌を損ねてしまい二回目のデートに繋がらなくなってしまいます。

女性は常に褒められたい認められたいと思っています。そんな自分の事を認めてくれる男性を好きになります。

5-2.褒めていない・褒めが下手★★★

褒めてくれない男性と話していても自己承認欲求が満たされずに嬉しくありません。人は誰でも他人に認められたいという欲求があります。それを満たしてあげられるのが「褒める」という行為です。しっかり心を込めて褒めてあげましょう。でも褒め方が薄っぺらいと逆効果です。このブログでは褒め方について研究していますので隅から隅まで読んでください。

5-3.一言多い★★

中年の男性に多く見受けられますが。一言多かったり、使う言葉が小難しいことがあります。まだ仲が深まっていないうちは信頼関係がないので、余計な一言が原因で関係が崩壊してしまいます。

6.将来性がない問題

6-1.不安定な仕事をしている★

仕事がすべてではありませんが、不安定な仕事に就いていると第一印象としてはあまりよくはありません。飲食業、個人事業主、フリーランス、フリーター、など所得にもよって一概には言えませんが、第一印象でプラスになることはありません。

6-2.休みが不定期で時間が合わない★★★★★

恋愛においてタイミングが悪いというのは致命傷です。せっかく出会って最初のデートもうまく行ったのにお互いタイミングが合わずに次のデートが一か月後というのはかなり不利です。それはあなただけの問題ではなく、モテる女性には常に他の男性からのアプローチがあるためです。相手の女性も相当出会いに恵まれずにあなたしか候補がいないならまだわかりますが、仕事は大事であっても、休みが不定期だったり、労働時間が長いというのは恋愛において相当不利です。どんなに魅力的な男性でも会うことも電話する時間も確保できなければどんどん仲良くなるチャンスが失われてしまいます。

人が人を好きになる要因のひとつとして単純接触効果というものがあります。人は単純によく会ったり連絡を取る相手に好意を持つようにできています。大事なのはどれだけ相手の生活の一部になれるかであり、どれだけ相手とコミュニケーションをとれるかです。

本気で素敵な彼女を見つけるなら転職するくらいの覚悟が必要だと思っています。

6-3.すぐに情緒不安定になる★★★

これはすべてに共通する悪いことです。常に一喜一憂して感情が安定しません。嬉しいときはいいけれど、悲しいときや不安なときは周り人のせいにしたり、簡単に言えばメンヘラというやつです。メンヘラは段ボールの中の腐ったみかんのように腐敗が伝播しますので、そういう人にはかかわらない方が無難です。

話のつまらなさには話していて『あーこの人頭空っぽだな』『薄っぺらいな』と感じる人がいます。経験不足もありますが、人並み生きてきたのに自分の頭で考える癖がない人は、経験を経験として自分の糧にできない人です。少しくらいバカでも明るかったりノリが良かったり、真面目だったりすれば女性にいい部分を見つけてもらえますが、頭が悪いといろいろな部分に弊害が出てしまいます。意図がわからない質問をしてきたり、相手の感情を読み解くのが下手過ぎて言ってはいけないこと言ったりやったりします。頭が悪いとうことは空気も読めないので、今何をするべきかがわからずタイミングを逃してしまいます。かといって空気を読もうとせずにガンガン行くような人ならまだチャンスがありますが、下手に空気を読もうとして空気も読めずガンガンいく勇気もないとかなりまずいです。見た目が悪くないのに彼女ができない人がこのパターンです。

6-4.計画性がない★★★

将来性がある男の特徴のひとつとしては「計画性」があります。人生設計をちゃんと考えている人はビジネスでも成功しやすいです。実際に大企業の経営者の伝記を読めばわかりますが、皆さん計画性の塊です。行き当たりばったりで人生が成功するのはほぼ不可能と言えす。

デートのプランを考えるのも計画性です。女性はデートを通して男性の将来性、推し量っているんです。かくいう僕も計画を立てるのは苦手な性格なので。

デートのプランを考えるのも計画性です。女性はデートを通して男性の将来性を推し量っているんです。こういった理由で計画性がない人はハイスペックの彼女ができにくいと思います。

デートがうまくいかない理由の大半は準備不足と想定不足です。しっかりと準備をしてあらゆることを想定しておくだけでかなり心の余裕ができます。それでも緊張してしまうのは準備不足だからです。心のどこかに『準備なんてめんどうくさい』とか『どうにかなるだろう』とか『準備した気になっている』という理由で準備不足は起こります。

僕もズボラな性格なのですごく計画を立てるのが苦手です。誰かにお願いしたいくらいですが、多少責任感があるので他人を巻き込むと計画性を持って行動できます。

6-5.提案力がない★★★

提案力がない人は相手がして欲しいことを察する力が弱いです人です。例えば、デートで男性が行きたかったお店が却下されると、他に何も提案できなくなってしまう男性がいますが、女の子は『この人に付いて行って大丈夫かな?』と不安になります。

デートのお店を決めるのにもスケジュールを調整するのにも提案力です。却下されても次の代替案を次々と提案できる男性は、仕事ができそうという印象を持たれ好印象です。逆に提案力が低い人は仕事ができない人で将来性がない人だと思われてしまいます。提案力は切り返し力とも言えます。

ナンパで声掛けして「あ、大丈夫ですー」と断られてもすぐに切り返して相手を振り向かせる提案ができる引き出しの多さと頭の回転の良さがものを言います。

6-6.謝れない★★★★★

プライドが高いのか悪いことをした自覚がないのかわかりませんが、恋愛コンサルタントとしてかかわる人の中で、謝れない人は彼女ができにくい傾向にあると思います。

悪いことをしたら謝るというのは人として当たり前のことで言わずもがなですが、そんな当たり前のことができない人って結構います。そして、そういう人こそ無自覚なのでたちが悪いです。彼女ができないなら最近人に謝れたかどうかも自問自答してみましょう。

6-7.感覚が人とずれている

逆張りで人がしないことをあえてしようという姿勢はいいことです。ですが普通のことをやろうとしてずれている人はあらゆる部分で心配です。「この人大丈夫かな?」と不安になると大抵の女性は不安で一緒にいられなくなってしまいます。ずれている人は自分がずれている感覚に乏しいので、彼女を作るのは結構厳しいです。

7.責任感がない問題

7-1.約束を守らない

女性にとってある人とお付き合いすることは将来を見据えてお付き合いをすることが大半です。もちろん若いうちは結婚はまだ先の話だとしても、近い将来セックスをして子供ができてしまうリスクもあるわけです。そうなったときに『この男は責任をとってくれる男なのか』『やり捨てする男なのか』を無意識に感じ取るわけです。女性にとっての最大のリスクは失恋による精神的なショックよりも妊娠がリスクなわけなので、やり捨てするような男には大半の女性が魅力を感じないわけです。では責任感がある男かどうかをどこで見極めているのかというと、約束を守る男かどうかということなんです。

小さいことでもちゃんと守る男性が責任感がある男性なんです。例えば待ち合わせの時間に遅刻せずに来てくれるとか、できている人には何てことない当たり前のことでも特別な理由もないのに毎回遅刻してくる男性とかかわる女性は不安を感じてしまいます。

二人の小さな決め事をちゃんと守るようにしましょう。そして好きな女性にだけではなく友達や同僚、上司などあなたにかかわるすべての人との約束をちゃんと守りましょう。約束は守るから約束なんです。破ったら約束ではありません。こんなこと小学生でも知ってますよ。

こんな当たり前のことができない人には当然彼女はできません。

8.男らしくない問題

8-1.一向に手を出さない人★★

出会いもあって見た目も悪くなく話も面白く時間のタイミングもあって3回、4回と合っているのにどうにも恋愛が進展しないというケースがあります。

それは、女性がキュンとすることを言えなかったりできなかったりすることです。例えば、道路を歩いていて後ろから車が来た時にとっさに女性の腕や腰に手を回して守ってあげる仕草をしたり、女性が高いヒールで歩きにくそうにしていたら手を掴んでサポートしてあげたりできない人です。人として当たり前のことをしているのに相手が女性になるとできない人がいます。

女性にとってはやって欲しいことができていないんです。せっかくここまで何度もデートできているのにいまいち恋が進展しないのは『手をつなぎたいけどどうやってつないでいいのかわからない』とかちょっとした勇気とタイミングとあなたの勇気を後押しする環境がないからです。

デートで手をつなぎたければ、暗い×危ない×怖い×寒い×急がなければいけないという、自然に手をつなげるシチュエーションを自ら作り出す必要があります。手を繋ぐ妥当性と必然性を作ります。そういうことができないと手をつなぐことすらできない人にとっては、その先の恋愛を進展させるのは厳しいかもしれません。

恋愛経験不足の人の間違った常識として「仲良くなってから手を出すのではなく、手を出すから仲良くなれる」ということを覚えておいて欲しいと思います。

この言葉自体が、あなたに勇気を与えたいう想いもありますが、事実として手すら握れないと何も始まりません

そうやっているうちに『なんだか飽きてきた』と思われてしまい、次のデートの約束をしようとしてもフェードアウトのように関係が終わってしまいます。

これが「良い人止まり」になってしまう原因のひとつです。

9.本気を出さない

9-1.心のどこかでセーブしている★★★★

心のどこかで本気になることをセーブしてしまっている人です。『恋愛に一生懸命になるなんて恥ずかしいこと』だとか、『彼女なんてそんなに欲しくない』と余裕をかましている人です。それでいて童貞だったりする人がこのパターンです。

デートも何度かこなして手もつないだのに、なぜか最後の一押しができない人がいます。別にやろうと思えばいつでもいけるとか、本気を出せばいつでもいけるとかいう思考が先にきて、常に本気を出さない人です。本気を出さないということはベストを尽くさないということでもあり、本気を出さないと「本気を出して失敗しないことでしか学べないこと」が手に入らないということです。

人は全力で一生懸命やるからこそ心を動かされるわけであって、手を抜いている人には心惹かれることはありません。

子供がいる人はわかるかもしれませんが、たとえ他人の子供のお遊戯会でもあっても一生懸命演技をしているところを見ると感動して泣けてしまうわけです。接客業でも一生懸命お客様のことを考えてベストを尽くしていると、たとえ不手際があっても「ありがとう、応援してるよ」と言ってもらえるわけです。

そういう理由で見ないところでも好きな人のことを想って一生懸命考えたデートプランで勝負すればきっと想いは伝わります。しっかり想定して準備すれば、「好きです」という言葉を使わなくても行動で誠意が伝わるものなんです。

最後の一押しは情熱です。

10.不釣り合いな女性を求めている

10-1.高望みし過ぎている★★★★★

高望みから始めることはいいことです。高望みから初めて現実を知り自分を磨いて相応の相手と付き合うと言うことは皆が当たり前にやっていることです。ですがいつまでも相手に求めすぎると、いつまでも彼女はできません。

かわいい系で自分に合わせてくれる性格でスタイルもよくておっぱいも大きくて頭も賢くておしゃれで休みが会うという条件で出会いを求めているとします。

出会いはマッチングなので自分が条件を絞り込むほど相手からも条件で選ばれてしまいます。

例えば、国際線のCAと出会いたいと思って、そういう人がたくさんいる場所に行っても、相手も相応の相手を求めているので相手が求めているレベルに自分が達していなければ相手にすらされません。大人なので口に出しては言いませんが、心の中では誰もがそう考えています。

10-2.性格的に合わない人に執着している★★★★

せっかくの出会いを大事にするあまりに一人に執着してしまうと恋愛はなかなかうまく行きません。本当は相性が悪い女性となんとかして仲良くなろうと無駄な努力をしてしまいます。相性が悪いかどうか見極めも難しいのですが、少ない出会いの中で一人を選ぶと精神的に余裕がなくなりますし、余裕がないと冷静な行動ができなくなってしまいます。

諦めないこととひとつの出会いに固執し過ぎないバランスが大事です。恋愛は駆け引きが絶対について回ります。何なら恋愛だけでなく人間関係の全てに駆け引きはついて回ります。あなたが駆け引きしたくないと思っても相手の思惑があなたの思惑から外れることが多々あります。あなたが駆け引きが下手だったり面倒くさがって下手に出てばかりいたら相手に主導権を握られてしまいます。

主導権を握られるとそれはもう対等な男女の関係ではなく相手の恋愛対象から外れてしまいます。

編集後記

今回の記事は大作になってしましました。全部を読み切るのは大変だと思いますが、なぜ自分に彼女ができないのか原因がわからずに悩んでいる人のために参考になればと思います。ある結果には必ず原因があるように、彼女ができないのも必ず原因があります。

まずは原因を見つけて対策を考えるところから始めましょう。

彼女ができない理由がわからないの最新記事8件