関内・桜木町・野毛ナンパ挑戦

こんにちは。恋愛コンサルタントのNAOTOです。

1/24(木) 横浜 関内→桜木町→野毛 20時~

仕事終わりでなんとなくそのまま家に帰るのが嫌になった。

関内駅周辺や桜木町周辺を散策して暇そうな人を探すも声をかけたくなるスト値4以上の人が少ない。

そもそも人が少なすぎる。

今日はいつもより寒い。

こんな日は誰も外を出歩かないのだろうか。

関内駅を諦め、桜木町駅に移動する。

そこでもいつもより人が少ない。

コレットマーレの周辺らランドマークタワーの中もカップルかおばさん、おじさんしか歩いていない。

それか謎にスト値が7とかある美女3人組がハイテンションで歩いている。

この美女たちはどこへ向かうんだろう。

試しに話しかけたいが、冷えた体と1時間ターゲットが見つからなかっため、テンションはだだ下がりとなってしまった。

場所を桜木町駅の北口付近に移動する。

時間も時間で21時を過ぎていたため、誰も待ち合わせなどしていない。

閑散としている。

あーやっぱり新宿、渋谷って人がたくさんいてうらやましい。

新宿、渋谷に住みたい。

住んだら毎日できるのにとないものねだりの妄想は始まる。

桜木町を諦め野毛に移動する。

野毛までは歩いて5分以内の距離だ。

木曜だし21時過ぎだし、酔っぱらったギャルとかいることに期待し、歩く。

野毛に行くと早速暇そうにキョロキョロふらふら歩く、スト値4くらいの子を発見する。

この子に声かけて妥協するかと考えだす。

悩む。

全然かわいくないし、一緒に飲んでいるところを人に見られたくないと思った。

しかし、この時の判断は後々、功を奏す。

それから2分くらい歩くと、明らかに酔っ払いのテンション高めの悪くはない感じの女の子二人組を発見。

年齢は20代半ばくらいだろうか、しかし顔は暗くてはっきり見えない。

よし、あの子たちに声をかけようと決め後ろをストーキングして、様子をうかがう。

どうやら駅の方へ向かっているため帰るようだ。

帰るならダメ元で声かけの練習にしようと決め声をかける。

「お姉さんたち!も帰え・・・」

あれ?声がでない。

寒すぎて声出ない。

しかも噛んだ。

声かけとしては完全に失敗だと思った。

しかし、女の子たちはちゃんと聞いていない様子だったので二声目。

「もう帰るの?駅あっちだよ」

今度はちゃんとはっきり言えた。

ちょうど信号待ちで足を止めてくれた。

女の子「ってか一人?」

女の子「やばくない?なんで?」

NAOTO「友達にふられちゃって、友達来れなくなったから一人だよ」

女の子「えーかわいそう」

NAOTO「かわいそうでしょー」

女の子「いえーい」

一人の女の子がやたらとテンション高く、謎のハイタッチをしてくる。

ここはクラブで培ったシラフでも瞬間的にテンション上げるスキルを発揮し、女の子たちのテンションに合わせる。

女の子たちはまだ駅の方へ向かっているため、やっぱり連れ出しは厳しいかなと思っていた。

NAOTO「どこに帰るの?」

女の子「恵比寿」

NAOTO「東京の人か」

女の子「とりあえず湘南新宿ラインはどっち」

NAOTO「湘南新宿ラインはあっちだね」

女の子1「えー、寒すぎる」
女の子2「寒すぎるね」

女の子たちはガタガタと震えながら歩いている。

「とりあえずこれ使っていいよ」とカイロを渡す。

女の子「やさしー」

NAOTO「今出したばっかりだから全然あったまってないけど(笑)」

女の子「えー(笑)」

NAOTO「寒いから温まるまで飲もうよ」

女の子「飲むー」

女の子「ここ入ろう」

NAOTO「いいよー」

店員さん「何名様ですか?」

NAOTO「3人です」

という流れで連れ出し成功。

一人は本田翼に似たスト値7くらいのナチュラルメイクでモテそうな感じの子だ。彼氏と同棲中とのこと。

結婚は彼氏が積極的ではなさそうな感じで僕が押せばなんとかなりそうな感じがした。

もう一人はよく喋るスト値4くらいの子。ちょっと独特の雰囲気がある子で、万人受けはしなさそうな子。

やたらとおっぱいが小さすぎてコンプレックスを感じている話とジェンダーレスな人が好きな話。

理想のセックスのシチュエーションの話になり、「いつもどんなAV見てるの?」と言うと、なぜかその場でAVを3人で見ることになる。

2時間ほど飲んで、終電の時間になったためお店を出る。

1000円しかないことを伝えると女の子たちが1000円づつ出してくれて割り勘に成功。

スト値4の子が「帰りたくない」と言い出す。

一緒に帰ろうかと言いたかったが、この後も終電で会いに来る子がいるので、今日は解散することにした。

スト4子「この子とラインしなよ」

NAOTO「この子は彼氏いるからさ」

スト4子「別にいいじゃん」

NAOTO「じゃあスト4ちゃんLINE交換しよ」

改札の前でスト値4の子LINE交換をして別れる。

その後、スト4子からLINEが来た。

その後について

出会ってから半年以上経っても未だに連絡を取り合ういい仲になりました。

>> 出会い促進からデート成功までのマンツーマン総合恋愛コンサルティング

\ マンツーマン恋愛コンサルティング

詳しくはこちら