恋愛コンサルタントとは

NAOTO
こんにちは。恋愛パーソナルトレーナーのNAOTOです。

自分で恋愛コンサルの仕事をしておいて、恋愛コンサルを語るのはおかしな話ですが、恋愛コンサルの仕事をしているからこそわかる恋愛コンサルのことをお教えします。

恋愛コンサルタントの定義

恋愛で悩んでいる人の悩みを解決するのが恋愛コンサルタントです。

恋愛コンサルタントはアドバイザーではない

コンサルタントなのでアドバイザーではありません。口先だけのアドバイスではなく行動で見本を見せるのが恋愛コンサルタントです。

アドバイスするだけなら恋愛経験者や友達で十分です。

恋愛コンサルタントはノウハウ提供屋でもない

また恋愛コンサルタントはモテ情報だけ販売する情報屋でもありません。

もしそういう情報提供だけで恋愛コンサルタント名乗っていたらそれはコンサルでありません。

モテる情報だけ提供するならそれこそモテる先輩や友達十分です。

出会いを増やせる力があるかどうか

彼女ができにくい人は圧倒的に出会いが足りていません。

そこを恋愛コンサルタントの力で出会いの場所に連れて行くなどして出会いを増やせるかどうかがとても大事です。

常にメンターになってくれるかどうか

どんな些細なことでも相談できるかどうかが大事です。

もっと言えば恋愛の悩みを解決するためにその根底にある悩みを解決しなけれなならないときもあります。例えば元々内気な性格であったり、人見知りな性格な場合です。

コミュニケーションにかかわる部分なので恋愛においても重要な問題です。

自信を付けさせてもらえるかどうか

恋愛相談にくる人の中で多い悩みが「自信がない」ことです。

実際自信さえあればなんとかなる部分も多いです。

勇気を付けさせ背中を押し、成功体験につなげるのが恋愛コンサルタントの仕事です。

元々持っている性格もありますが、性格は毎日の積みかさねと実践の成功体験によって後天的に付けるものです。

そしてもし失敗しても精神的フォローを恋愛コンサルタントするものなので、一人でがんばるよりがんばれるはずです。

また友達に励ましてもらえる人はいいと思いますが、友達がいない人にとって恋愛コンサルタントは心強いメンターになるはずです。

この精神的な支えとても大事です。

一人で行動できる人はそれなりにいますが、行動を続けられる人は少人数です。

行動を始めると生徒さんは毎日失敗の連続です。

そこで失敗に対する、見方を変えてくれる恋愛コンサルタントなら安心して任せられると思います。

最後まで諦めずに責任を持ってくれるかどうか

恋愛コンサルタントの役目は生徒の目標を達成させることです。

目標は人それぞれあるわけですが、その目標のために責任をもって最後まで面倒をみてくれるかどうかという視点で恋愛コンサルタントを選ぶべきだと思っています。

やらざる負えない環境を作るのがうまい

顧客が人生初の彼女を作りたいというのなら、それに向けて必要な情報や環境を作ります。

スポーツに例えるならどんなに才能のある子どもでも親がその環境を与えれてあげなければ才能は開花しないのと同じです。

スポーツで強くなりたければスポーツの強い強豪校にいくことが最優先です。

一人で真剣に悩むくらいなら環境に身をおいた方が100倍速いです。

洞察力と伝える力がある

洞察力はインプットする力です。伝える力は洞察力です。

観察力と伝える力です。

今まで相談された悩み

  • 童貞を卒業したい
  • 人生初の彼女を作りたい
  • 親に彼女を紹介したい
  • 人に自慢できるような彼女がほしい
  • 結婚に繋がる彼女がほしい
  • 失恋に悩む体質をなんとかしたい
  • 女性に主導権を奪われてしまう自分をなんとかしたい
  • 何をしても怒らない優しい彼女がほしい
  • 妥協した彼女から卒業したい
  • 性格を変えたい
  • 人生一度はモテてみたい
  • とにかく出会いを増やしたい
  • 職場の女性と付き合いたい
  • 昔の彼女と寄りを戻したい
  • 彼女がすぐにメンヘラになってしまう

自分より年上かどうか

恋愛コンサルタントを選ぶ上で重要な用途として年齢と性別があります。

あなたが男性で30代だとしたら男性の20代の恋愛コンサルタントは不向きです。

20代の男性は30代の悩みが本当の意味でわからないからです。

どんなにマッチングアプリでいいね数1位をとった人でも、30代になれば年齢だけで20代のノウハウが通用しなくなります。

20代のプロフィールの作り方と30代男性のプロフィールの作り方は違います。

細かく言えば32歳のプロフィールの作り方と35歳のプロフィールの作り方も違います。

なぜなら、女性から見て32歳の男性と35歳の男性の印象は大きく違うからです。

22歳の女性から見て、32歳の男性なら恋愛対象なるけど、35歳の恋愛対象ならないということが現実にあります。

たかが3歳でも全く違うことになります。

男性から見た22歳の女性と25歳の女性の印象が違いますが、年上の男性から見た年下の女性の印象よりも、女性から見た年上の男性の印象の方が印象が大きく差が出るものです。

その理由は32歳の男性から見れば22歳も23歳も30歳も経験してきていますが、22歳の女性は30歳になった自分も想像できなければ32歳も35歳の男性がどんな価値観でどんな生活をしていてどんな社会的立場で仕事をしていて、自分が32歳の男性と付き合ったらどんな毎日になるのか想像できないからです。

話がそれましたが、22歳の女性と付き合いたければ35歳の男性は35歳というだけでテーブルにも付けないわけです。

書類選考だけで落とされてしまいます。

それをなんとかして22歳の女性の女性と結ぶのが恋愛コンサルタント

決して妥協を進めることでも、年相応の彼女を作らせることでもありません。

世の中にはたくさんの考え方を持った恋愛コンサルタントがいます。

ここに書いたことは僕の2020年の現時点の考え方です。

妥協して付き合ったあげく、彼女を愛せなくなり彼女が精神不安定になりメンヘラになり、お互いマイナスになってしまう人をたくさん見てきました。

妥協した人と付き合うくらいなら付き合わない方がマシです。

恋愛コンサルタントは+10歳が目安

年齢はこちらを目安にすると失敗する可能性が減ります。

  • 20歳なら25歳~35歳の恋愛コンサルタント
  • 25歳なら30歳~35歳の恋愛コンサルタント
  • 30歳なら35歳~45歳の恋愛コンサルタント

年下の恋愛コンサルタントを選ぶべきでなない理由

恋愛コンサルタントに依頼するときにはあなたにとって恋愛コンサルタントは先生にあたります。先生の言うことと真摯に受け止められるかどうかは、年上かどうがが重要です。

年上であれば、年齢からくる経験やにじみ出る貫禄のようなもので無条件に信用できることもあると思います。

それが年下であれば年下というだけで、尊敬できなくなることもあるでしょう。

尊敬できない人の言葉を真摯に受け止めるのは難しいと思います。

一定期間は恋愛コンサルタントの言うことを信じて行動することがとても需要です。

最初は行動してもなかなか結果がついてきません。それでも信じて行動しているうちに自分の中で恋愛コンサルタントの理論が消化され自分の血肉となっていきます。

最初から信じられる人に付いて行くべきですね。

尊敬できる人かどうか

尊敬できる人かどうかは口先だけでなく自分で行動して手本を見せてくれる人です。

人として尊敬できなければ話に説得力が出ないので、まずは恋愛コンサルタントがお手本を見せてくれる人を頼りたいものです。

憧れる部分があるかどうか

尊敬に近い部分もありますが、この人みたいになりたいかどうかという視点で選べば信じて付いて行くことができるはずです。

恋愛コンサルタントとは数か月間の中期でかかわることが多いと思います。

「この人みたいになりたい」「真似したい」と言われ、積極的に行動してくれる生徒さんが多いので、ある意味宗教のように信じて行動してもらうことこそが大事だと言えます。

個人的には教祖様のような関係は嫌いなので、生徒さんと僕は同じ目標を持つフラットな関係を目指しています。

マニュアル化しているかどうか

これはかなり需要なのですが、どんな生徒さんが来ても毎回同じようにノウハウを提供できるかどうかは非常に重要です。

コンサルをしていると生徒さんAには伝えていたのに生徒さんBには伝えていなかったということが起こる可能性があります。

生徒さんは聞いてなかった。その情報は知らなかったとならないように、どんな生徒さんにも安定して一定のノウハウを提供できるようにノウハウをマニュアルにまとめてある恋愛コンサルタントを選ぶべきです。

これはかなり需要なので、どんな教材やマニュアルがあるのか、初回相談のときに聞いてみるといいでしょう。

答えられない恋愛コンサルタントは避けた方がいいでしょう。

その人だけの必殺技や勝利の方程式があるか

例えば僕の必殺技や勝利の方程式はデートです。

デートにさえ持ち込めば絶対に落とせる自信がありますし、そのノウハウで生徒さんはデートを成功させデートの目的を達成させています。

デートの目的は生徒さんそれぞれですが、2回目のデートにつなげることであったり、告白を成功させることであったり、付き合うことだったり、自宅に女の子を連れてくることであったり目標はそれぞれあります。

共通して言えるのは女の子に選ばれることなので、デートに関するノウハウは300個以上あります。

手前味噌ではありますが、デートはフランス人にも負ける気がしませんし、日本で一番のノウハウを持っていると思っています。

他の恋愛コンサルタントにも、それぞれ必殺技があると思います。

自分に合った恋愛コンサルタントを選ぶ秘訣

プレイヤーとしてではなく先生として優れているか

優れた情報を持っているか、恋愛のプロとしてプレイヤーとして優れているかよりも、先生として優れているかどうかです。

自信が優れたプレイヤーでも先生として優れているかどうかは別です。

例えばプロのナンパ師でも教えるのが下手な人はたくさんいます。

上手く伝えられるかどうかはナンパの上手さとは実は関係がないのです。

スポーツでもよく言われることですが、名プレイヤーであることが名監督ではないということと同じです。

だけど理論先行型ではなく、自信で一度実績を積んだということは大事なことですので、過去の実績を見て選ぶことは重要です。

恋愛コンサルを決める前に最低2回は会おう

一回会っただけではその人の人間性やコンサルの内容まで詳しく把握するのは難しいと思います。

一回の相談で決めずに、2回3回無料でも相談に乗ってくれる恋愛コンサルタント選ぶべきだと思います。

結局恋愛コンサルが安くない理由

恋愛コンサルは一人に対してどうしても時間をかけてコンサルするものです。

恋愛コンサルにも生活がありますので、本気で向き合うには貴重な時間と労力をかけていきます。

恋愛コンサルタントも四六時中お客様のことを考えて知恵を絞りますので、そういった意味で労働集約型のお仕事と言えますので、費用も最低月10万円といった金額になっていきます。

恋愛コンサルと恋愛の学校の違い

どうしても予算が合わない場合は、恋愛の学校なども検討する方がいいと思います。学校は複数人の生徒さんをグループコンサルします。

恋愛の学校のメリット

費用はピンキリですが仲間ができるところがいい点です。仲間同士で街コンにいったり合コンを開いたり、そういった部分が最大のメリットだと思います。

恋愛の学校のデメリット

グループなので一人に避ける時間は少なくなります。

基本は恋愛に悩むモテない人が仲間同士のため、モテない人の中にいるとモテなくリスクもあります。

やはり魅力的なモテる人と関わるのが一番の近道だと思っています。

恋愛コンサルタントも恋愛の学校も身長に選んでください。

関連記事

世の中にはいろいろな恋愛の学校があったり塾があったり恋愛コンサルタントがいます。どこの恋愛の学校も恋愛コンサルも高額ですよね。半年で数十万円のコースが一般的です。モテない人生と決別するために藁をもつかむ思いで入[…]

関連記事

僕に任せみようか検討されている方のために、僕の仕事に対しての心構えと大事にしていることをお話ししておきたいと思います。恋愛コンサルタントとしての心構えコンサルタントの仕事とはプロ意識を持つ第一にお客様とお客様が大切にし[…]

関連記事

どうせなら実績があって有名なコンサルタントに相談したいものですよね。ここではGoogle上で検索されている回数順に並べています。調査に使うのはGoogleが提供しているキーワードプランナーを使いました。有名の定[…]

その他の悩みの最新記事8件