【彼女の作り方】25歳オタク男子が46日で人生初の彼女を作った方法

  • 2021年9月27日
  • 2021年9月27日
  • 恋愛
恋愛パーソナルトレーナーNAOTO
NAOTO
こんにちは。僕は恋愛経験が少ない男性向けに彼女を作る方法を教えています。詳しい自己紹介はこちらです。

僕のコンサルを受けている男の子にオタク男子がいました。

コンサルを受ける前は、失礼ながら「ザ・オタク」といった印象でした。

そんな彼はコンサル開始からたったの46日で彼女ができました。

僕のコンサルを受けたとは言え、なぜ彼は46日で彼女ができたのか、その理由を整理したいと思います。

この記事は、コンサルを受けて彼女が本当にできるのかな?と思っている人の参考になれば幸いです。

彼がコンサルに申し込もうと思った理由

その前に彼がコンサルに申し込もうと思った理由から話して行きたいと思います。

彼は僕のコンサルを受ける前から自分なりにマッチングアプリを使って出会いを増やしていました。

それでもマッチングアプリで出会ってデートまでたどり着けるのは月に1人でした。

その1人も初回のデートだけで終わってしまい、2回目のデートに行けたことはないことが悩みでした。

このままだと彼女ができるまでに1年以上かかるのでは?と思っていたそうです。

こんなに頑張って毎日メッセージをやりとりしているのに、会えるのは月に1人。

マッチングアプリに時間を取られてしまい、転職活動が遅々として進んでいませんでした。

彼にとっては本気で彼女を作ろうとすればすぐにできるものだろうと考えていたそうですが、自分なりに三か月活動して成果がでなかったので、このままでは、1年後も彼女ができないんじゃないかという不安がありました。

転職活動が先延ばしになってしまうと、自分の中の人生設計が狂ってしまう。

そう危惧をした彼は、35万円のコンサル費用を払ってでも一刻も早く彼女を作ろう。

そう決めて僕のところに申し込みました。

僕はそれを聞いて、お金で時間を買うという合理的な考え方に、きっとこの人は賢い人なんだろうと直感的に思いました。

コンサル開始の一か月間

コンサルが始まって最初の一か月は、モチベーションとの闘いでした。

頭では彼女が欲しいと思っていながらも、女性に慣れていたなかったので、女性とのやりとりが苦痛だったようです。

彼には女性とのメッセージのやり方は教えていましたが、毎日毎日マッチングアプリで女性とやりとりすることに苦痛を感じていて、心から楽しめるような状態ではありませんでした。

そのため辛い作業のような状態になってしまっていて、女性からのメッセージの継続率もいまいちな成果でした。

心から楽しんでやりとりをすることで、相手の女性にも楽しさが伝わり、メッセージの返信率が上がるものです。

辛い気持ちでやりとりをしていては絶対にいい結果はでません。

彼を鼓舞をして続けることもできましたが、僕がペアーズを代行運用して楽しさの見本を見せるようにしました。

二か月目にペアーズの運用代行を開始

僕がペアーズを代行するようになり、彼は彼でwithを始めました。

毎日僕がどんな女性とどんなメッセージを送ったかを彼に共有しました。

彼は「こんな攻めたメッセージを送ってもいいんですね!」と驚いていました。

彼にとっては僕のメッセージは常識から逸脱していたようですが、これくらい攻めないと返ってこないことはわかっていました。

彼は女性に失礼のないように無難なメッセージを送るように心がけていたそうですが、逆にそれがあたりさわりのないテンプレートのようなメッセージになってしまっていました。

テンプレートが何が悪いかと言えば、多くの男性のライバルがいる中で埋もれてしまうということです。

ライバルの中には見た目が優れている人がいれば、メッセージが面白い人がいます。

その中で「この人面白い!」と思ってもらうには、無難であることはむしろ弱みになってしまいます。

彼だけでなく他のコンサル生のように、僕がメッセージを作ると「こんな過激なメッセージ送って大丈夫ですか?」と疑心暗鬼になる人がいます。

しかし、彼はこのまま無難なメッセージを送り続けていても、一向に改善されないと考えたようで、彼もwithの方で少々攻めたメッセージをするうちになりました。

代行から6日で土日のデート4人が確定

僕がペアーズを代行してから6日間で、土日のデートの4つのデートが埋まりました。

  • 土曜日の釣りデート
  • 土曜日のディナーデート
  • 日曜日のランチ
  • 日曜日のパフェデート

といった4枠が4名の女性で埋まりました。

彼の写真とプロフィールを使い僕がメッセージを制作代行すれば、6日で4人のデートが決められることがわかりました。

これで彼は僕が作るメッセージの実用性を納得してくれました。

彼は彼で僕が作ったファーストメッセージをアレンジした文章をwithで送るようになり、そこから女性からの反応が変わるようになりました。

マッチングで3日で相手の家に招待される

そして、彼はwithでマッチングした女性の家に招待されました。

家に招待された理由はコロナで外で会いたくないから家に招待したとのことでした。

初対面でいきなり家に招待されるのはなかなか怖いところはありますが、こんな機会は少ないので彼は女性の家に行きました。

会って3時間でクロージング

女性の家に行って3時間でベッドに行ったそうです。

そしてそのまま女性の家にお泊りをして、次の日に帰り、3日後に会った時に、改めて告白をし無事にお付き合いをすることになりました。

彼からするとセックスをしてから付き合うなんてことは今までにない体験だったので、こんなことが本当にあるんですね、と驚いていました。

彼女ができたあとの生活

彼女ができたあとに彼とzoomで3回打ち合わせをしました。

zoom中は終始ニコニコして、コンサルが始まって一か月以内の彼とは別人と言えるくらい幸せな顔をしていました。

彼が46日で彼女ができた理由

悩んでいることを常に打ち明けてくれた

ひとつ問題が解決してもまた新しい悩みが出てくるものです。

彼は些細な悩みでLINEやzoomを使って日々相談をしてくれました。

対面で会っているときにも、言葉では表現しにくい気持ちを一生懸命言葉にして僕に伝えてくれました。

特になぜかモチベーションが上がらないという悩みが深刻だったようで、彼女は欲しいと思っているのに行動できないというのが悩みでした。

僕は彼の気持ちを汲み取ることができたおかげで、一緒にで出会いスポットに行くこととマッチングアプリを変わりに僕が運用することで彼のモチベーションが低くても出会いを増やすことができました。

たくさん質問してくれた

悩みを打ちあけてくれると同時にたくさん質問をしてくれました。

僕が解決策を話すと、「うーん、それはなんでですか?」と自分が納得行くまで質問をしてくれました。

僕は彼が納得できるまで言葉を探すことができました。

納得したつもりになっていて質問をしてくれない人もいますが、彼は自分自身が納得をするまで質問をしてくれました。

素直に実践してくれた

素直さは彼の素質のひとつです。

そして素直に実践してくれたからこそ、彼女ができたのだと思います。

半信半疑状態でも言われたことをとりあえずやってみるという素直さは試行錯誤の第一歩として大事なことです。

自分なりのロジックを組み立てた

彼は僕のロジックをよく解釈しようと質問をしてくれたあとに、自分なりの解釈を僕に話してくれました。

彼は彼なりに自分自身を納得させるために彼なりのロジックを組み立てて腹落ちした上で行動をしていました。

たくさん笑った

彼は元々よく笑う明るい性格ではありましたが、そのおかげ一緒にいる間は楽しい人でした。

たとえ教える側と教わる立場の関係でもあっても、僕の冗談にもよく笑ってくれました。

彼は見た目はオタク感はありますが、よく笑い明るい人でしたので、僕は「すぐ彼女できるよ」「できないわけないよ」と話していましたが、その言葉通りになりました。

よく笑う人は同じ男としても一緒にいても安心感を与えてくれますし、気持ちがいいものです。

彼女ができたコンサル生を見て自分を鼓舞した

彼女ができたコンサルと一緒にナンパ講習をしたときに、彼女ができたら自分をイメージできたそうです。

三か月で彼女を作るために活動はしていたものの、自分自身が本当に彼女ができるものとは腹落ちできていなかったのだと思います。

それが実際の彼女ができや流れを聞いたことで自分もちょっと頑張れば彼女ができるだろうと思い込むことができたそうです。

まとめ

コンサルを受ける前は本当に三か月で彼女ができるんですかね?と不安に思っていましたが、彼女ができてからはニコニコが止まらなくなって幸せいっぱいの笑顔の男性に変わりました。

そんな彼が46日で彼女ができた理由を整理します。

悩んでいることを常に打ち明けてくれた

肉食部では、恋活を真剣に頑張っている人を応援しています。
彼女の作り方を学んだけど行動できないという方のために、肉食部だけの専用のコンプレックス克服手段を用意しています。
どんな悩みでもウェルカムです!

  • 悩んでいることを常に打ち明けてくれた
  • たくさん質問してくれた
  • 素直に実践してくれた
  • たくさん笑った